このブログでは、ゲッターズ飯田さんの著書

「運命を変える言葉」から

ジャンル別に気になった言葉を

少しずつ紹介しています。

 

前回は「人間関係」についてお伝えしました。

詳細はこちらから

☟ ☟ ☟

 

 

 

 

今回は「休む」(休息)についてです。

ゲッターズ飯田さんはどのように「休む」

考えているのでしょうか。

 

さっそく、みていきましょう。

スポンサードリンク

 

おもしろさに気づくように遊ぶ

自分のよさに、

自分のおもしろさに、

人生のおもしろさに、

気がつくように

思いっきり遊んでみてください。

飽きるほど遊んでみてください。

お金がなくても、

遊ぶ方法はたくさんあります。

遊ぶと、

自分の道がみえてくる。

例えば、日本三大庭園の1つ

兼六園はときどき無料開放

しています。

 

有料だとおもっているところでも

無料になるときがないか探して

みるとおもしろいですよ。

 

 

ライブに行こう

音楽を耳で聴くのではなく

全身で聴くといい。

 

「運気が上がらない」

と思う人は

音楽を全身で聴くといい。

 

時々でもいいので

ライブに行くといい。

時々、全身で音楽を聴くと

運気が上がるもの。

管理人の知り合いに

軽音楽部だった人がいます。

 

その人いわく

軽音楽部のライブで

低音がお腹に響く感じとか

会場が一体になって

盛り上がっている感じ

が好きだったそうです。

 

ライブでは音楽の効果が

全身から入ってくる

かもしれません。

 

少し止まることも大切

「歩む」とは

「止まる、少し」

と書く。

 

人生という歩みは、

少し止まることも大切。

止まるから周囲が

冷静に見えるというもの。

 

時々、止まってみるといい。

止まった方が

効率的だというときもあります。

 

リストラされたとか

大学を留年したとか

 

上手くいかないと思う

時にであったら。

 

少し立ち止まって

自分の人生を生きる意味

などをじっくり考えて

みるのもいいかもしれません。

 

向上心ありすぎ注意

自分を苦しめるほどの

向上心はいらない。

野心や向上心はいいが、

自分を苦しめるほどなら

いらない場合もある。

今のご時世、

「向上心をもて!」

と散々いわれますね。

 

向上心をもつことは

いいことですが

 

頑張りすぎて

からだを壊すまでの

向上心は危険です。

 

自分のペース

自分に合った努力

していきましょう。

 

「疲れたら好きなことをしよう」は次のページで!