11月13日(日曜日)、「林先生が驚く初耳学ぶ」に

焼き梅干しダイエットが登場しました。

 

まず、昔から「医者いらず」とも呼ばれてきた梅干しの効果を確認して

焼くと効果がなぜ高くなるのか紹介します。

梅干しにはたくさんの効果がありますので、

その中からいくつか取り上げて紹介します。

b21b32ca2a9342adb16f67cb435d502c_m

スポンサードリンク

🌺 「医者いらず」梅干しの効果

 

和食の朝食には必ずと言っていいほど出される「梅干し」ですが、

この日本の伝統食には、どんな効果があるのでしょうか。

 

 ❖ 疲労回復、エネルギー補強 

 

疲労の原因は乳酸です。

乳酸が筋肉に蓄積されたり、血液中に乳酸が溜まると、

  • 肩や首の筋肉の凝り
  • 身体のだるさ
  • 細胞が老化し、高血圧などの生活習慣病の原因となる

梅干しには、クエン酸を含む有機酸と呼ばれている成分が多く含まれています。

梅干しが酸っぱいのは、このクエン酸のよるものです。

この有機酸は、

  1. 体内のエネルギー源をエネルギー(熱)に分解します
  2. 乳酸を炭酸ガスと水に分解して体外へ出しています

梅干しを食べることにより、体の中の疲労物質が排出られ、

エネルギーが補給され疲労回復を助けています。

ac92210833c9e798d99dec538719a61a_m

 

❖ 血糖値を下げ、糖尿病・高脂血症予防に効果

 

糖尿病治療で用いられる投与剤に「α-グルコシダーゼ阻害剤」という薬があります。

このα-グルコシダーゼは、小腸で糖質を吸収する酵素です。

この糖質吸収作用を阻害すれば、糖質の消化吸収を遅らせ、

食後の血糖値上昇を抑えることができます。

梅干しの中には、血糖値の上昇、肥満に関係する

「α-グルコシダーゼ」の働きを阻害する成分が含まれていることがわかりました。
❖ 生活習慣病やガンを予防する抗酸化作用 
活性酸素は、酸化力の強い酸素のことです。
人間の生活には、欠かせない酸素ではありますが、

強い毒性作用があり、生活習慣病や老化現象、癌の発症などに

関係していることがわかってきました。

酸素を利用してエネルギーを得ている生物には、

体内に活性酸素の防御システムが備わっているのですが、

この機能が弱るとバランスが崩れ「酸化ストレス」と呼ばれる状態になります。

 

6b2e2da048959f3475df483bc42c9338_m

 

お茶・タマネギ・リンゴ・梅干しなどに多く含まれている「梅リグナン」には、

酸化反応を抑制する作用があり、

細胞や組織が酸化するのを防ぐ抗酸化力が強いので

抗酸化活性作用の他、抗癌、抗菌などの作用があります。

弁当に梅干しが入れられているのも抗菌作用が期待されるです。

c2b9d65f727e1a21a4b97255cec1c6e3_m

梅干しには、多くの効果があることがわかりましたが、

気になるダイエットに対する効果はどうでしょうか。

 

焼き梅干しのダイエット効果が知りたい方は次のページに