今、あなたは恋愛や仕事のことで悩んでいませんか?

そして、その悩みを相談できる相手は身近にいますか?

 

管理人もある程度長い人生を生きてきましたから、

恋愛や仕事のことでずいぶん悩んだ経験がありますし

今でも悩んでいます。

生きている以上悩みはつきません。

 

恋愛については、まだ若いときでしたので

まだ、ウインドウズ95が

発売されていない時代でしたから

今のようにインターネットで占い

できるような環境にはありませんでした。

ちょうど旅行に行った神戸の街に「占いの館」があり

恋愛の問題を占ってもらったことがあります。

 

正直、友人に相談できるような

恋愛ではなかったので

何の気遣いも必要ない

占い師への相談は、有り難かったです。

 

今回の記事は、占いとは何かを理解するために

  1. 占いの分類・種類
  2. どの占いが最もあたるのか

など占いの基本について徹底解説したいと思います。

スポンサードリンク

★管理人の占い体験談

管理人の本格的な占い体験は、

最初に説明したように

旅行で神戸に行った時に

入った占いの館」でした。

占って欲しかったことは、

二股をかけていたわけではないのですが、

恋愛関係になりかけた人が2人いて

どちらの人を選ぼうか迷っていたのです。

 

その占い結果はどうだったと思われますか?

 

占い師は中年の女性で、伝えたことは、

姓名、生年月日でした。

分厚い占いの専門書を出してきたり

タロットカードも使用していた覚えがあります。

「どちらの人とも相性が悪いようです。長続きしません」

と言う内容でした。

 

自分としては、一人の人とは

けっこう深い関係だったので

相性が悪いわけはないと思っていたので

占いの結果は、正直以外でした。

果たしてこの占い当たるのでしょうか?

当たらないのでしょうか?気になりますよね。

 

結果は、何と当たるが正解でした。

神戸での占いから1年後には、

2人両方共別れる結果になってしまいました。

 

会社の先輩も夜飲みに行った帰りに

商店街のアーケードによく座っている

手相占いをしてもらって、

「彼女とは結婚できないと言われて」

号泣した経験を聞いたことがあります。

先輩もやはり当たるだったのです。

 

皆さんにも大なり小なり

占いをした体験がありますよね。

 

それでは次に、世の中には

多くの占いがあると思うのですが、

どのように分類されているのか

占いの種類を説明します。

 

占いの4種類プラス風水と言霊

 

占いは「占う道具や方法」を基準に分類すると

次の4種類に分類されます。

  1. 命術(生年月日を使った占い、星座占い)
  2. 相術(手相や顔相、姓名判断などの占い)
  3. 朴術(タロットや易などを使った占い)
  4. 霊術(霊能力や予知能力などの占い

 

 

占いの種類と内容・特徴
①命術(めいじゅつ):生年月日を使った占いです。

星座占いも生年月日からなので命術に含まれます。

人気占い師

 

②相術(そうじゅつ):手相や顔相、姓名判断など

占い師が直接相手を見て占います。

本を見ながら自分で手相を

見ることもできるのかもしれませんが、

残念ながら素人にはよくわかりませんでした。

 

血液型や夢占いもこの分野かもしれません。

人気占い師

③朴術(ぼくじゅつ):タロットや易などの道具を使って占います。

人気占い師

➃霊術(れいじゅつ):霊能力や予知能力

透視能力を使って占います。

人気占い師

占いは、上記の「命・相・朴・霊」

4種類に分類することが出来ます。

占いとは少しジャンルが違うかもしれませんが、

管理人は、風水と言霊も占いに加えるべきだと思います。

風水・言霊とは?占いに加える理由

 

占いを依頼する目的は、

誰しも運を開きたいからだと思います。

しかし、人が持って生まれた運命(宿命)は、

自らの力で変えることはできないと言われています。

 

風水と言霊は、それぞれ

  • 風水=衣・食・住・行動など、まわりの環境を整える
  • 言霊=いつもきれいな言葉を使う

ことで、変えることのできない運命を

少しでもいい方向に変える方法なのです。

 

管理人が、占い風水や言霊

加えた理由もここにあります。

 

風水とは

  • 今から約四千年前に中国で発祥しました。
  • 衣・食・住・行動など、自分の環境をすべてを           開運しやすい環境に整えるための学問なのです。
  • 「環境が運を決める」これが、風水の基本的な考え方です。

  • 人間が本来持って生まれた運命(宿命)は、            予め定めれられていて、本人にはどうすることも出来ません。
  • しかし運命を開運の方向に変えていける方法を           示しているのが風水です
  • 風水とは、言い換えると運を開くためのマニュアルとも       言えるのです。
  • 今、運が悪いと思っている人は、まずは自分の環境を見回してみて、自分の運を落としている原因を見つけるて取り除き、 開運を呼び込むための風水を実践すれば、誰でも簡単に運のいい人になることができるのです。

人気のある風水師

言霊とは、

  • 一般的には日本において霊的な力が言葉に宿ると言われた。
  • 言魂とも書きます。

言葉を大事する人気のある人

 

★どの占いが当たる当たらない

 

どの占いが当たるか当たらないの前に

いったいどれくらいの人が

占いを信じているのか気になりませんか?

「あなたは占いを信じますか?」

というアンケートに対する結果は、

結果は、「わからない」が約半分の50%、残り50%を

「占いを信じる」「占いを信じない」がほぼ半分ずつ25%です。

 

それでは、当たる占い当たらない占いを解説します。

 

4種類「命・相・朴・霊」の占いの中で

どの占いが最も当たるのでしょうか?

 

はっきりしたデータがあるわけではありませんが、

人気のある占いは、

  1. 手相占い
  2. 血液型占い
  3. 西洋占星術
  4. 姓名判断
  5. 夢占い
  6. 動物占い
  7. タロット占い

の順番のようですが、

これは、当たる占いの順番ではありません。

 

管理人の考える当たる占いの順番と

その理由を説明します。

  1. 命術(生年月日を使った占い、星座占い)
  2. 相術(手相や顔相、姓名判断などの占い)
  3. 朴術(タロットや易などを使った占い)
  4. 霊術(霊能力や予知能力などの占い)

 

 どの占いが当たるのかその理由(1位:命術)

 

生年月日や星座占いの命術

当たる占いの1位とした理由を

水晶玉子さんの占いで説明します。

水晶玉子さんは、芸能界一の人気占い師

ゲッターズ飯田さんが占いの才能を

嫉妬するほどの占い師です。

 

ゲッターズ飯田さんは、

水晶玉子さんに会うだけで10年かかったそうです。

 

そんな水晶玉子さんの占いは、

オリエンタル占星術と呼ばれています。

オリエンタル占星術は、古来インドの占星術と西洋占星術が融合されたものに水晶玉子さんが独自の研究を加えた占星術です。

インドの占星術とは、

  • インド占星術は紀元前8世紀に不空三蔵(ふくうさんぞう)と呼ばれる僧がインドから中国に、その約40年後、弘法大師空海が多くの教典とともに日本に持ち帰ったとされる。
  • 西洋占星術は、アラブ世界や西洋諸国で発達してきた占星術の体系。出生時などの年月日と時刻にどの位置にあるかをホロスコープに描き出し、それを解釈する形で占術。
  • 占星術としては、生まれた日によるその人の性格      と運勢判断、相性判断、そして毎日の運勢をみるのに非常に優れています。
命術は、紀元前のインドやアラブ世界や西洋で

古くから発達してきた占いですから、

ものすごい歴史とデータの蓄積があるということです。

 

水晶玉子さんもゲッターズ飯田さんも

占いを統計学と考えています。

統計学ですから、長い歴史と、データの蓄積が

結果に大きく作用するものです。

  • 占いを統計学と考えていること
  • 膨大な歴史とデータがあること
  • それに占い師の研究や個性が加わっていること

このことが、命術を最も当たる占いとした理由です。

 

どの占いが当たるのかその理由(2位:相術)

 

手相や顔相、姓名判断などの相術

当たる占いの2位である理由は、

1位の命術と同様に、

手相占いなども統計学であるからです。

手相芸人の島田秀平「占いは統計学」

だと語っています。

 

 

しかし、命術(占星術など)と比較して

歴史が浅いことと、データの蓄積能力

占い師の能力によって

占いの結果にムラがでてくると思えるので

当たる占いの2位としました。

 

どの占いが当たるのかその理由(3位:朴術)

 

タロットや易などを使った朴術を

当たる占いの3位とした理由は、

手相や顔相、姓名判断などの相術と比較して

ある程度のデータ蓄積はあるものの

  • タロットや易などは、人工的に作ったものでること
  • 占い師の能力によって結果が大きく左右されること

で、当たる占いの3位としました。

 

どの占いが当たるのかその理由(4位霊術)

 

霊能力や予知能力などの占いの霊術を

最下位としたのは、霊能力などは

基本的に統計学ではないからです。

 

管理人は、霊能力や予知能力などを

基本的には信じています。

しかし、こういった能力は、

2位の相術(手相・顔相などの占い)

3位の朴術(タロット・易などの占い)

よりも全く個人の不思議な能力に左右されます。

悪く考えれば、策略を用いて

マインドコントロールする占い師も

存在する可能性がないとは言いけれません。

それが、霊術を最下位とした理由です。

 

★まとめ

「占いとは?占いの種類、当たる占いは?

風水や言霊も占いの仲間」はいかがでしたか。

 

それぞれの占いに人気のある占い師さんがいます。

また、自分にあった好みの占いを利用することも

大切なことだと思いますので、順位にばかりこだわらず

選んでいただいてもいいのではないでしょうか。!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

あわせて関連記事もシェアして頂けると嬉しいです。