2016y12m06d_211308026

前回は、忠臣蔵の聖地「播州赤穂義士祭」を紹介しました。

 忠臣蔵:聖地播州赤穂義士祭

また、全国各地で「義士祭」が行われていることも紹介しています。

 全国各地で行われている義士祭

播州赤穂義士祭は、113回も開催され、12月の討ち入りが近づくと

毎年必ず忠臣蔵のテレビドラマや映画が放送されます。

2016y12m06d_211324787

古くから日本人に愛されてきた忠臣蔵の人気の理由は、

一体どこにあるのでしょうか。

人気の理由を考えるにあたって

まず、忠臣蔵を知らない若い方にもわかりやすいように、

時代劇ロマン忠臣蔵のあらすじを簡単に解説します。

スポンサードリンク

 

❄ 12月14日「忠臣蔵四十七士の討ち入りのあらすじ」

 

忠臣蔵は江戸時代中期の1701年に起こった「赤穂事件」のことです。

2016y12m06d_210626256

場所は、江戸城にあった松の廊下
2016y12m07d_204652534事件の中心人物は、

今の兵庫県西部地域播州赤穂藩の藩主である

浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)と

江戸幕府の家臣、

吉良上野介(きらこうずけのすけ)

事件の内容

浅野内匠頭が、吉良上野介の現代でいうパワハラ、虐めに耐えかねて、

江戸城の儀式が行われている最中に刃で切り付け、

重症を負わしたことが発端となります。

「刃傷でござる」がドラマで繰り返されます。

幕府のお裁きは、

浅野内匠頭は即日切腹、吉良上野介はお咎めなし

2016y12m06d_211308026治めていた領地は没収され、藩士は全て失業し浪人となりました。

喧嘩両成敗の鉄則に反したからか、

刃傷から1年9ヶ月にかけて壮大な

一大ドラマが展開することになるのです。

 ここからがクライマックスです

幕府のお裁きを不服とする赤穂藩の家老

大石内蔵助(おおいしくらのすけ)をはじめ赤穂浪士四十七名は、

藩主の無念を晴らすべく赤穂藩お取り潰しの撤回運動を行います。

しかし、思うようにいかなかったため、

赤穂浪士たちは主君の仇討ちのため、

吉良上野介を討ち取ることを決めたのです。

2016y12m06d_211448666大石内蔵助ら四十七名の藩士は

1年9か月かけて水面下で準備をすすめ、

浅野内匠頭の命日でもあった元禄15年12月14日

未明に討ち入りを果たし、吉良上野介の首を見事打ち取ります。

2016y12m07d_203547221江戸中の人々が忠義を貫いた姿に熱狂します。

死を覚悟した行った討ち入りとは言え、

大石内蔵助の息子主税(ちから)にいたっては、

元服したばかりの15歳という若さでした。

 翌年2月、四つの大名家

(熊本細川家、松山松平家、三河水野家、長門毛利家の下屋敷)

にお預けとなっていた全員が名誉ある切腹を命ぜられました。

この時点で赤穂浪士四十七士は忠義を貫いた義士となったのです。2016y12m07d_203842329

 

 

忠臣蔵の噺は一切徳川幕府の記録には残っていないそうです。

300年を経過した現在に至るまで、脈々と語り継がれ、

人形浄瑠璃や歌舞伎、テレビの時代劇の題材として数多く取り上げられている、

日本人にとっては無くてはならない物語です。

忠臣蔵がここまで人気を集める理由は一体何なのでしょうか。

 

<忠臣蔵人気3つの理由は次のページへ>