年の瀬が近くなると

「四十七士討ち入りの日」である12月14日が近づいてきます。

主君浅野内匠頭の無念を晴らすために

300年以上も前に起きた赤穂義士による討ち入りですが、

赤穂義士には、「日本人の魂」に響く何かがあるのでしょうか。

 

2016y12m06d_211308026

 

お家断絶となり家臣すべて浪人の身となりながらも

1年9ヶ月もの時間をかけて見事主君の本懐を遂げた

江戸時代の武家社会でおきた一大事件は、

歴史へのロマンを感じさせてくれるんでしょう。

 

「中心蔵」との愛称で親しまれ、何年か一度には映画化されたり

大河ドラマとなり最近ではスマホゲームにもなるほど

人気が衰えることはありません。

2016y12m06d_211324787 2016y12m06d_211553569

🌟 全国各地で行われる義士祭

そして12月14日には、討ち入りを果たした四十七士を忍んで行われる

義士祭(ぎしさい)は、地元赤穂はもちろん、全国各地で行われているのです。

さっそく各地で行われる「義士祭」を紹介します

スポンサードリンク

2016y12m06d_211811145

 兵庫県篠山市 【古市義士祭】

義士の一人「不破数右衛門」ゆかりのお寺

「宗玄寺」で「古市義士祭」が毎年行われています。

子供義士行列や討ち入りそばのふるまいが行われます。

日時平成27年12月14日(月) 午前10時

  • 10:00~ 法要(宗玄寺)
  • 10:00~ もちつき、甘酒等(街道筋)
  • 10:00~ 展示、カフェ(古市ふれあいセンター)
  • 11:00~ 討ち入りそば接待(古市公民館)
  • 14:00~ 子ども義士行列

 丹波篠山観光協会

 

2016y12m06d_214144263

2016y12m06d_213907300

 北海道砂川市空知太北丘寺内 【北海道義士祭】

赤穂浪士の熱烈な崇拝者だった初代住職が、

本家、芝・髙輪泉岳寺に義士墓建立と寺名の変更を陳情しました。

受け継いだ二代目住職も陳情を続け、

昭和28年2月4日、つまり四十七士切腹の日に、

泉岳寺より「北泉岳寺と名のってもよい」という承認書が届き、

義士の墓の土を四十七個の木箱にわけて持ち帰り、

昭和31年に墓所をつくり、盛大な開眼、入魂祭を挙行したのです。

忠臣蔵に負けない二代の住職による壮大な情熱によって

「北の大地で義士祭」が行われるようになりました。

 北海道義士祭

寺坂吉右衛門の謎がわかるのは次のページです