今回は、スピリチュアルとは何か?よくわかっていない方のために

スピリチュアルという言葉が一般に認知されるようになったのは、

[オーラの泉]というテレビ番組からだったこと。

科学万能の世の中にあって、

スピリチュアル:見えない世界が存在する意味について

管理人の考えを説明していきます。

 

みなさんは、「スピリチュアル」と聞いたら

どんなイメージを持つでしょうか?

  • こわい
  • ありえないこと
  • 心霊現象
  • 江原啓之
  • よく分からない

などが思いつくことばでしょうか?

スピリチュアルは、私達の生活に深くかかわっています。

 

管理人は、人間そのものが「スピリチュアル」な存在であり

人間として生を受けること、

そして亡くなっていくこと

人生の全てが「スピリチュアル」であると思っています。

(生き物、世の中にある全て同様です)

 

ですから、スピリチュアルへの理解を深めることは、

素敵な人生をおくれるよう秘訣であると言ってもいいでしょう。

スポンサードリンク

 

スピリチュアルとは?言葉の意味

スピリチュアルの英語の意味は

  • 「霊的であること」
  • 「霊魂に関すること」
  • 「精神的な」
  • 「神の」
  • 「聖霊の」
  • 「超自然的な」
  • 「神の」
  • 「霊の」

など、およそ近代科学から目れば、

怪しげな表現で表されています。

 

近代化学が発達してから、科学者たちは

「科学的・論理的に証明できないことは

すべて妄想や迷信である」

と結論づけました。

 

しかし、世界には、科学的に証明できないことが

まだまだたくさんあるのです。

 

人間はどうやって進化したのか、

人間の脳の働きなど大切なことばかりです。

人間そのものについても

たくさんのスピリチュアルなことがあるのです。

 

こうした科学的に証明できないけれでも

確かにこの世に存在すること、

発生していることの受け皿が、

「スピリチュアル」ではないかと思えるのです。

 

それは、悪魔祓いなどこわいものでも

恐ろしいものでもなく

私たち人間を古代から見守ってくれた

「神様」的な存在だと思います。

「サムシンググレイト」といってもいいかもしれません。

 神=サムシンググレイトとは?

 

スピリチュアルが一般に認知されたのはテレビ番組『オーラの泉』

以前は、「スピリチュアル」という言葉そのものも

一般に認識されていなく、

「お化け、霊魂、人魂、インチキ占い師、祈祷師」

などのうさんくさい言葉と一緒にされていました。

 

スピリチュアルという言葉が一般に認識され

しかも、好意的な言葉として認識されるようになったのは、

2005年から放送された『オーラの泉』がきっかけです。

 

『オーラの泉』は、江原啓之さんと美輪明宏さんの2人が、

スピリチュアルな視点から「ゲスト人気芸能人」の

人生を説くテレビ番組です。

 

江原啓之さんと美輪明宏さんには、

2人とも霊視能力があるとのことで

ゲストの亡くなった人の気持ちとか

家族しか知り得ないことから

「スピリチュアルな視点で人生を説く」

という番組内容です。

番組は大人気となり

日本に「スピリチュアル」という名前が定着しました。

ですから、管理人は江原啓之さん、美輪明宏さんを

「元祖スピリチュアル」

と考え、評価しています。

世の中への貢献も大きいと思います。

 

人間そのものが、スピリチュアルな存在

人は、自分の力で生きていると思っていますが、

手や足の動作は別にしても

心臓を自分で動かしているわけではありません。

他の臓器も自分の意思で動いているのはありません。

 

何も命令されないのに臓器たちは、

お互いに邪魔することなく

自ら調整をして文句一つ言わないで

自分の役割を果たしているのです。

 

試しに、腕を空中で静止させてみて下さい。

この静止しているという状態は、

  • 腕を上に上げようとする力と
  • 下がらないようにという力が
  • 微妙に力を調整しあった結果です。
  • 意識していない筋肉の働きが大きいのです。

管理人がこのことを感じたのは、

13年前に脳内出血を発症して入院したときでした。

  • 右脳視床出血により左半身は、ピクリとも動きません
  • しかし、左半身は動かなくても内臓には全く影響ないのです
  • 心臓や胃が、体と同じように麻痺していたら大変なことですが
  • 全く別系統の指令で動いているのです。

<関連記事>

▶脳出血 突然の発症からリハビリ社会復帰まで[46歳体験記録]

「人間の体って凄い!」と感じたのと同時に

「こんな精密機械を誰がなんのためにつくったんだろう」

と思ってしまいました。

 

スピリチュアル:見えない世界が存在する意味と役割

昔からの言い伝えってたくさんあります。

地方によっても、昔話として伝わっているものもあります。

 

言い伝えや昔話は、先祖の人たちが

私達を守ろとして残してくれたものだと思います。

 

例えば、これは日本だけに言えることですが、

「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」

という言葉の意味は、

人は、成功したり、社会的な地位が高くなるほど

謙虚になりなさいという意味です。

「国会議員の方は肝に銘じて下さい」

秘書に暴言・暴行をはたらくような議員は、すぐに辞職してください。

豊田真由子自民党2回生議員の絶叫マシン

 

 

管理人は、スピリチュアル:見えない世界を信じることは

成功した事業も、今の地位も

けっして自分の力だけでなしげたものではない。

 

スピリチュアル:見えない世界の力が

働いているんだよ。と気づくことで

自然に、奢ることなく

感謝の気持ちが生まれるのではないでしょうか。

それこそが、

スピリチュアル:見えない世界が存在する意味と役割

だと思っています。

まとめ

以上が、「スピリチュアルとは?認知は[オーラの泉]

見えない世界が存在する意味の内容です。

いかがでしたでしょうか?

 

スピリチュアルとは、人間そのものであり

本当は誰もが心の奥に持っている本質的なもの、

思いやりや感謝の気持ちを持つこと、

それが世界中の人が、幸せな精神性に繋がる

こだと管理人は考えています。

 

そしてスピリチュアルとは、

  • 「見えない世界のこと」
  • 「わからない世界のこと」

ではなくて、むしろ、あなたそのものであり

あなたの回りにある一番近い世界のことだと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

関連記事もシェアをして頂けると嬉しいです。