2017年の新年を迎えられるにあたって

皆さん新年の初詣をどこにしようか計画されていると思います。

氏神様や恒例の神社はもちろんはずせないと思いますが

2017年は少し趣向を変えて「七福神巡り」を計画されてはいかがでしょうか。

 

七福神を参拝することは、昔から

不老長寿、商売繁盛、五穀豊穣、家内安全などの

ご利益があるとされています。

 

多くの七福神巡りは一日程度で巡ることができますので

新年の最初の行事として、大変縁起のいいものです。

 

七福神巡り専用の御朱印帳をつくり

後で見直してみるのも楽しいものです。

日本全国に七福神霊場は200から300とも言われています。

 

 

みなさん七福神についてはよくご存じだとは思うのですが、

七福神巡りを始めるにあたって改めて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

✿ 七福神とは?開運ご利益は? ✿

 

七福神とは、古来から日本で福をもたらすとして信仰されている七柱の神です。

左から「恵比須、大黒天、弁才天、毘沙門天、布袋尊、寿老人、福禄寿」

七人の神様を、七福神と呼んでいます。

 

恵比寿 様 商売繁盛、除災招福、五穀豊穣、大魚守護の神様
大黒天 様 五穀豊穣、子孫愛育、出世開運、商売繁盛の神様
弁才天 様 恋愛成就、学徳成就、諸芸上達、福徳施与の神様
毘沙門天様 武道成就、降魔厄除、家内安全、夫婦和合の神様
布袋尊 様 千客万来、家運隆盛、家庭円満、商売繁盛の神様
寿老人 様 幸福長寿、家庭円満、延命長寿、福徳智慧の神様
福禄寿 様 財運招福、延命長寿、立身出世、招徳人望の神様

 

では、七神がまとまって七福神となったのはいつの頃からなのでしょうか。

 

もともと、個別に福神として信仰を集めていましたが、

室町時代の初期に「七難即滅 七福即生」に基づいて

発祥したなどとの諸説があり、はっきりしたことはわかっていません。

 

 

 

七福神の由来ははっきりしていなくても

七神がそろえば、たくさんのご利益があるのですから

ぜひ、七福神巡りでご利益を授かろうではありませんか。

 

<淡島島七福神巡りは次のページです>