11月3日10:00~放送されるカンブリア宮殿に、

地方都市長野の田舎町に本社がある「サンクゼール」という会社が登場します。

 

2016y11m01d_231326507従業員600人余りの会社ですが、

全国に46店舗の販売店を持ち

年商64億円の人気ブランドトップに育て上げたのが、

創業者の久世良三氏と奥様のまゆみさんです。

それでは、『サンクゼール』の紹介をさせていただきます。

 

☆ サンクレーゼル名前の由来

サンクゼールは、フランス語です。

「サン」と「クゼール」の2つからできた言葉です。

  • サンは「聖なる」という意味です。
  • クゼールとは、社長である久世(クゼ)をフランス語で発音したものです。

2e958448dba10a00d5a6ebe4205fb5ce_m聖なる久世」=「聖人・久世」というところでしょうか。

久世社長はお二人ともクリスチャンで、

サンクゼールの経営理念もキリスト教に基づいたものなので、

名前の由来もキリスト教にちなんだものになっています。

 

最初は覚えにくい名前だなと思っていましたが、

久世社長の名前を覚えれば、後はサンをつけるだけですから、

由来を聞いて、忘れることはなくなりました。

 

☆ サンクレーゼ本社のある飯綱町

長野県上水内郡飯綱町(いいずなちょう)

長野県の北部に位置し、長野市の北東に隣接している穏やか丘陵地です。

2016y11m01d_214408979

ちょうど、信州の小京都として有名な「小布施」のすぐ北になります。

豊かな自然と北アルプスからの清らかな水を生かし、

りんご・稲作をはじめとする農業が基幹産業になっています。

スキー場・ゴルフ場など年間を通して多くの観光客が訪れます。

 

気候は、日本海の影響を受ける積雪寒冷地で、

2016y11m01d_214529956内陸性気候のため寒暖の差が激しく、

夏は最高気温35℃まで上がり、冬は-10℃まで冷え込みます。

長野市から町の中心部まで、北西へ≒18キロ、車で30分くらいです。

☆ サンクゼールの発展

サンクゼールのホームページに掲載されている

「はじまりは斑尾高原」を読ませていただくと、

今NHKで放送されている『べっぴんさん』と同じように、

久世社長の奥様のまゆみさん、ジャムづくりの『べっぴんさん』だったようです。

簡単にまとめてみます

1950年 東京で久世良三生まれる
1972年 慶応義塾大学卒業、ダイエー入社
その後実家の外食産業専門商社を3年間手伝う
1975年 久世良三父を説得し斑尾高原でペンションを開業する。
開業2日目に奥様まゆみさんと知り合う
1979年 厳しいペンションの経営に生きずまる。

まゆみ夫人が手作りのジャムをつくり始める。大好評。

ながの県全域に販売を拡大

1982年 前年から全国展開スタート。

株式会社 斑尾高原農場設立

その後 本社・工場用地を取得し、レストロン、ワイナリー、バーベキューハウスを新設する。低糖度のジャムを発表。

海外への進出しサンクレーゼブランドを確立する。

 

サンクレーゼの人気商品と言えば、添加物を使わないジャムです。

管理人が説明するまでもないと思いますので、商品については

サンクゼールのホームページをごらん下さい。

   サンクレーゼ公式ホームページ

☆ サンクレーゼを見て地方創生を考える

管理人は、地域の特色を生かした

「サンクレーゼ」のような会社が数多く誕生することが、

本当の意味で地方創生につなるのことだと思います。

そこで、管理人の考える地方創生は、

・全国に店舗展開の必要性なし

これだけ、インターネットと流通(宅配)が進んだ時代なので、

店舗を全国展開する必要なないと思います。

 

2016y11m01d_220432291もちろん、アンテナハウスとしての店舗は     ある程度必要ですが、出店となると多大な初期投資費用が必要となります。

 

黒字転換までに時間もかかりますし、全部の店舗が黒字になることはありえません。

 

従業員は現地採用となるため、地元の雇用に貢献することも少なくなります。

 

 

・販売モール(楽天市場等)にたよらず独自の通販システムで販売

出店にかかっている費用を独自の販売システムに投資し、

販売モールにたよらずに、直販体制を充実させます。

インターネットを利用して、

もっとお客様とのコミニュケーションをとれる工夫をしていきます。

例えば、「東北食べる通信」のような仕掛けも面白いのではないでしょうか。

 都市と地方をかきまぜる『食べる通信』

              ☞ Amazonで買えないものを売りたい

・本社をジャムの楽園にする

※この景色をもっとたくさんの人に見てもらいましょう。

2016y11m01d_231221910

本社にある現在の「サンクレーゼの丘、ワイナリー、レストラン、チャペル」

などの施設をさらに充実させ,宿泊施設をつくり、ジャムパラダイスをつくって、

2016y11m01d_231030562

長野県に来てもらうように積極的に呼びかけます。

幸い、観光地として有名な長野市内や小布施から30分あれば、

飯綱町に来ることができるわけですから、

十分観光コースになると思います。