★ パリーグ天下分け目の天王山

  1. ソフトバンク 78勝49敗6分  勝率614
  2. 日本ハム   80勝51敗3分  勝率611   差   0.0
  3. ロッテ    67勝64敗3分  勝率511   差 13.0

いよいよパリーグは明日

ソフトバンクと日本ハムの天王山を迎えます。

 

この2連戦を連勝したチームが

優勝に大きく近づくのは間違いありません。

見ている側としては、

1勝1敗で最後までもつれるのも面白いと思いますが、

チームを率いる工藤監督・栗山監督ともに

ここで決着をつけたいところです。

 

98513280d9bd3488c7e64e113d8f1a97_m

しかし、シーズン序盤には、

1位ソフトバンクから最大11.5ゲームと離されていた

日本ハムが猛追して

ゲーム差なしの優勝争いをするなど誰が想像したでしょうか。

【喝・あっぱれ】の張本さんも「パリーグはソフトバンクで決まりでしょう。」

早くから言っておられたくらいです。

そこで、パリーグを面白くしてくれた

栗山監督にスポットをあててみたいと思います。

スポンサードリンク

⚾ 栗山監督のプロフィールと選手時代の成績

 

  • 栗山英樹、くりやま・ひでき。
  • 東京都出身、中学3年の時に小平市ポニーリーグチームに所属
  • 投手として日米大会に出場し大会MVPを獲得。
  • スカウトされ創価高校に入学し、エースとして活躍するも甲子園は果たせず
  • 卒業後は、東京学芸大学に教員を目指して進学。
  • 2年春まで投手として活躍したが、右ヒジを故障し、投手から野手に転向。
  • 大学での成績は、投手として25勝8敗、
  • 打者としてリーグ史上3位の打率.389という数字を残した。
  • 大学卒業後入団テストを受け、ヤクルトスワローズにドラフト外入団をする。
  • 1989年にはゴールデングラブ賞を受賞。
  • メニエール症候群に悩まされ29歳で現役を引退
  • 実働7年、494試合に出場して打率.279、本塁打7本、盗塁数が23という成績です。
  • 引退後は野球解説者、白鴎大学教授を務めたのち、日本ハムファイターズ監督となる。
  • コーチ、監督経験なしにも関わらず、一年目でリーグ優勝を果たした。

⚾ 現在の11球団の監督と栗山監督の比較

 

現在の12球団の監督は、

現役時代に輝かしい実績を残している監督が多いのが特徴です。

12球団の監督の選手時代の出場試合数と

通算安打数(投手の場合は勝利数)をまとめてみると

 

<パ・リーグ>

 ソフトバンク 工藤公康 635試合   224勝
日本ハム 栗山英樹 494試合  336安打
ロッテ 伊東勤 2379試合 1738安打
西武 田辺徳雄 1229試合  926安打
オリックス 福良淳一 1240試合 1116安打
楽天 梨田昌孝 1323試合  874安打

<セ・リーグ>

ヤクルト 真中満 1368試合 1122安打
巨人 高橋由伸 1819試合 1753安打
広島 緒方孝市 1808試合 1506安打
阪神 金本知憲 2578試合 2539安打
中日 谷繁元信 3021試合 2108安打
DeNA ラミレス 1744試合 2017安打

 

他の監督に比べ、ひときわ目立つのが

栗山監督の選手としての実績の少なさです。

【名選手必ずしも名監督にあらず】ということわざもありますが、

実績があると発言にもインパクトがあるし、

聞き入れられやすいのは事実だと思います。

 

選手時代の実績が少なくても、

監督として指名されかつ優勝争いができるようなチームを

作り上げている栗山監督にはどんな魅力があるのでしょうか。

 

<栗山監督の魅力は次のページで>