今回の【時空を超えて】の内容は、

「人間は、自由な意志を持って生きているのか?」それとも

「予め定められた運命に従って生きているのか?」

「もし、予め定められた運命があるとすれば、

どのように人間は生きるべきなのだろうか?」

と問いかけています。

 

この疑問をモーガン・フリーマンは、

科学的にどう解明していくのか非常に興味のあるところです。

 

みなさんは、「アガステイアの葉」をご存じですか?

スポンサードリンク

 

★「アガステイアの葉」は、本日のテーマの解答!

 

「アガステイアの葉」とは、

本日の【時空を超えて】の

「人間は、自由な意志を持って生きているのか?」それとも

「予め定められた運命に従って生きているのか?」

いうテーマの解答になるものかもしれません。

 

「アガステイアの葉」とは?

 

数千年前、南インド・タミールナディー州付近に

アガスティアと呼ばれる聖者がいました。

 

アガスティアは輪廻転生を説き、

すべての人の一生を予言しました。

 

そして、予言の内容を乾燥した

アガスティアの葉に記しました。

 

この乾燥した葉は、インドの寺院で保管されました。

葉が劣化すると、多くの僧侶たちにより別の葉に書き写されました。

こうして300万巻にもおよぶ膨大な量の予言が記された葉は、

現在でも残っているのです。

 

今も神秘の国インドには、

すべての人の一生が記された乾燥葉が保管されて,

「アガスティアの葉」と呼ばれています。

アガステイアは、なぜ人生を予言することができたのか?

 

アガステイアがなぜ、人の人生を

予言することができたのでしょうか?

 

アガステイアの能力的な事は別にして

「人生の運命が予め定まっているから予言できたのです」

早くも今日の【時空を超えて】の解答がでてしまいました。

 

「人生の運命は予め定まっている」

管理人は、少なくともそう信じています。

根拠はいったい何か?と尋ねられたら、

「輪廻転生」も併せて信じていただく必要があるのです。

 

★「人生は運命で予め定まっている」と考えた方がいい理由

 

「人生は運命で予め定まっている」と聞けば、

多くの人が「じゃあ努力しても、しなくても同じだ」

そして、人生が運命で決まっているという考えを否定して

やはり人生は、「自分の意思で自由に切り開いていくものだ」

と主張する人が多くいると思います。

 

管理人も20代の頃は、

「人生は自分で切り開いていく」ものだと信じていました。

 

しかし、40歳を超えるころになると

  • 本当に自分で切り開いていくことができるのか?
  • 自分の思いどおりの人生を生きていくことができるのか?

そして、自分の思い通りに生きていくことができないために

人は、悩み、苦しむことも理解できるようになりました。

小林正観さんの運命論

 

小林正観さんという方の運命論を紹介します。

「アガステイアの葉」と併せて考えると

納得できやすいと思います。

 

「悩み苦しみは、今目の前にある現象が

自分の思う通りになっていないことから生じる。

思い通りにしようという思いを持たないこと!」

  • 全て決まっているのだから、あがいたり、もがいたりせずに         運命の流れに身を任せればいい」
  • 未来の結果はすでに決まっているので、                  心配したり悩んだりすることには意味がない。
  • 今、私たちは顕在意識として自由意志を                 100%手に入れているといっていい。                   しかし[潜在意識]では、もうどちらを選ぶかをすでに決めています。
  • だから顕在意識で思うとおりに選べばいい。
  • 今私たちは選択肢があると思ったらどのような選択をしてもいい。
  • それは完全に自分の自由意志だと思ってかまわないけれど、
  • その自由意志によって選んだ瞬間に、その選んだ結果は全部、        生まれる前のプログラムどおりの不思議な構造になっている。

潜在意識についての詳しい記事は、こちらからどうぞ!!

▶潜在意識でお金,恋愛,復縁,容姿が好転反応!【時空を超えて】

 

人生は自分が書いたシナリオ通りにすすんでいきます。        それが納得できると、やってくる現象一つ一つに対して、       あれこれ論評や文句を言わなくなります。

どうも私たちは、自分の人生を、生まれるときから死ぬときまで、   すべて事細かにシナリオを書いて来たらしいのです。

人生はシナリオの大筋とか重要なことは決まっていても、       細かいことやどうでもよい些細なことまでは決まってないんじゃないか、という人がいます。

でも人生にどこが太いパイプでどこが細い糸なのか          というのはないんですね。全部一緒です。

人生に重要なことと、重要じゃないこと、
というような区別はなくて、すべてがもう既に
決まっている、ということです。

 

私たちは、自分の人生を、生まれる前に

自分でシナリオを書いて生きてきたのです。

全ての人の人生は運命で予め決まっているから

アガステイアは予言することができたのです。

 

「アガステイアの葉」の詳しい内容はこちらからどうぞ!!

▶アガスティアの葉とは?[人生は運命で定まっているのか?]時空を超えて

▶アガスティアの葉は究極のスピリチュアル!本当に自分の人生がわかったら

そして人生で、その目の前に起きてきた現象について              どう反応し、どう評価するかってことを
死ぬ までにやっていく。

しかし、死ぬときまでに今のような話を
聞かないで、つまらないとか、悔しいとか、頭にきたとか
言いながら死んでいく人が、たくさんいるんです。

この世に生まれて来た人の99.999999%は
こういう話を永久に聞かないまま死んでいくんです。

 

以上が、小林正観さんの運命論です。

あなたもこの話を聞いたわけですから、

今から0.00000001%の人になりました。

 

人生が決まっているかもしれないと感じた体験

 

確かに、話を聞いただけでは簡単に

納得できない人が多いと思います。

管理人は、霊視の能力もありませんし

予知能力も全くないと思います。

 

しかし、今まで2回だけこじつけかもしれませんが

「人生って、もしかしたら予め決まっているのかな」

と思った瞬間があるのです。

 

港湾土木の関係で、ある島の近くを船に乗って仕事をしていたとき、

「何か、このあたりの景色懐かしいな!」と感じました。

管理人の祖先は、「塩飽水軍」と言われた

瀬戸内海の小島でした。

 

帰ってから、父親にその島の話をしたら、

何と、自分の祖先のある島で、

管理人が、眺めた風景はなんと祖先の墓がある場所でした。

 

もちろん、管理人はそれまで、

一度もその島に行ったことはありません。

もうひとつの話は、管理人が自営業を始めて3年目の頃です。

売上も順調で、時間的な自由もあったので

嫁さんと一緒に、京都と旅行に行ったのでした。

 

ここからは、余り思い出したくないのですが、

京都駅でホームレスを見ました。ホームレスを見てなぜか

「こんないい時は、自分の人生で二度とないだろうな!」と

感じたのです。なぜだかは、よくわかりません。

・・・・・その後の人生は、その通りになりました。

 

このように予め人生が定まっていると感じたことは

誰にでもあるのでないでしょうか。

 

★予め定められた運命があるとすれば、どう生きればいいのか?

人生は予め決まっているとは、思いたくない気持もよくわかります。

管理人も中々納得することは、できませんでした。

 

それでも、人生は予め決まっていると考えた方が

もともと決まっているのですから、

これから先どうなるか心配したり

何とかしたいと思って無理して一生懸命できないことを

やることはなくなります。

 

何より、自分の人生に納得できなかったとしても、

最終的に選んだ結論が必ず自分の決めてきたものですから、

自分で自分の人生が悪くなるシナリオを書くはずはありません。

そう考えることはできませんか?

 

しかし、そのシナリオは、「お金、成功、地位、健康など」

一般的に人々が幸福だと考えていることと

少し違っているかもしれません。

 

ニュ-ヨ-ク州立大学病院の壁に書き残された詩

大きな事をなし遂げるために
力を与えてほしいと神に求めたのに
謙虚さを学ぶようにと弱さを授かった

より偉大なことができるようにと健康を求めたのに
より良きことができるようにと病弱を与えられた

幸せになろうとして冨を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった

世の人の称賛を得ようとして成功を求めたのに
得意にならないようにと失敗を授かった

求めた物は一つとして与えられなかったが、          願いはすべて聞き届けられた

神の意に添わぬ者であるにもかかわらず
こころの中で言い表せないものは全て叶えられた

私はあらゆる人の中で
最も豊かに祝福されていたのだ

作者 不明

 

人生が「予め定められた運命に従って生きている」

と納得できた人は、何がおきても

予め決められたストーリーなのだからと

ジタバタする必要もないし、慌てることもない。

あなたは、その決められた人生を淡々と生きるだけなのです。

 

ドラマのように台本があって、電車に乗って風景を

見ているような感じで、人生は進んでいくのかもしれません。

シナリオどおりに・・・・・・

 

★まとめ

以上が、「人生は運命で定まっているか?

人の意思で自由に切り開けるか?[時空を超えて]」の内容です。

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

関連記事もシェアをして頂けると嬉しいです。