いよいよ今日からNHK朝のドラマ『べっぴんさん』が始まりました。

ヒロインの坂東すみれ役を射止めた芳根京子さんもかわいいと話題です。

スタッフも菅野美穂・蓮佛美佐子・生瀬勝久・永山絢斗・名倉潤・三倉茉奈・市村正親・中村玉緒・高良健吾・谷村美月と豪華キャストです。

 

2016y10m02d_170550290

 

初回を見て感じたのは、何か感じる違和感。

「すみれの母親役」と「語り」は菅野美穂さんです。

関西出身の生瀬さんや名倉さんの関西弁はすっきりくるのですが、

菅野美穂さんの語りがドラマのスムーズな流れと

違和感があるような気がしましました。

スポンサードリンク

🌺『べっぴんさん』スタッフの出身地

中村正親さんや中村玉緒さんは、大ベテランですから関西弁は問題ないでしょう。     他のスタッフの出身地を調べてみると

関  西 生瀬勝久・名倉潤・三倉茉奈・谷村美月
関西以外 芳根京子(東京)菅野美穂(埼玉)蓮佛美佐子(鳥取)

永山絢斗(東京)、高良健吾(熊本)、土村芳(岩手)

やはり生瀬さんや名倉さんは関西出身だけあって、

演技でない関西弁で全く違和感はありませんでした。

生瀬さんの関西弁が旨いだけに、菅野さんがよけいに目立っているように思いました。

菅野さんの母親役としての演技は申し分ないと思うのですが、

「語り」までを菅野さんに任せたのは、ミスキャストのような気がします。

ご本人も関西弁の不安を語っておられました。

 

「あまちゃん」や「トトねえちゃん」でもわかるように

朝ドラは「語り」がけっこう重要なポイントだと思います。

ドラマの良し悪しを左右すると言ってもいいと思います。

 

次のページは関西弁の魅力についてです。