本日22:00より

『モーガン・フリーマン 時空を超えて』において

「他人の脳をハッキングできるか?」という内容の

番組が放送されます。

 

「他人の脳をハッキングできるか?」

どうかの解明は番組の中で行われますが

もし他人の脳をハッキングしたら

あなたなら、何をしますか?

他人の脳をハッキングしたら

こんなことが可能になるのではないでしょうか?

  1. 相手の気持ちが言葉をかわすことなく             読み取ることができる(特に気になる人の)
  2. 相手を自分の思うように、自由自在に行動させる
  3. 相手に対して、自分のイメージをよくする

今、国会で話題になっている忖度

他人の脳をハッキングしているのでしょうか?

 

7月から「脳にスマホが埋められた!」

というドラマが始まります。

 

主人公の脳にスマホが埋めこまれ

 

視界には、他の人が使っているスマホ画面の

メッセージが吹き出しが見えたり、

目の前にスマホ画面が現れてきます。

 

いろいろな事件に巻き込まれていきます。

詳しい内容はこちらからどうぞ!!

伊藤淳史ドラマ[脳にスマホ ?]は都市伝説?あらすじネタバレ

 

 

スポンサードリンク

 

目次~タップすると読みたいところにジャンプします~

★サイバー攻撃・ハッキングとは

最近『サイバー攻撃』『ハッキング』という言葉を

よく聞くようになりました。

 

サリンなどの化学兵器とサイバー攻撃等を

『貧者の核兵器』とも呼ぶそうです。

膨大な費用と時間がかかる核兵器に比べて

安価で簡単に制作できるという意味で

使用されています。

 

『サイバー攻撃』『ハッキング』よく聞きますが、

正確に答えることができる人は

少ないのではないかと思うのです。

さっそく調べてみましょう。

 

サイバー攻撃とは

サイバー攻撃とは、インターネットを通じて

特定の国家、企業、団体、個人等に対して行われる

システムを攻撃する行為。

標的とする国家、企業、団体、個人等の

サーバーやパソコンに不正ログインし、

そのシステム内のデータを

改ざんし破壊・盗むなどするのが一般的です。

 

政治的・社会的・宗教的な理由に基づき、

攻撃対象を社会基本インフラや

政府機関をとした攻撃を

特にサイバーテロとも言っています。

 

サイバー攻撃は、大きくわけて2種類に分かれ

そのうちさらに2種類に分割されるので

合計で次の4種類になります。

 

1、マルウェア(ランサムウェア)/標的型攻撃

  • ランサムウェアとは 感染すると                     PCのファイルが勝手に暗号化されます。
  • 標的型攻撃とは 感染するとPCが遠隔操作されてしまいます。

2、公開サーバーへのサイバー攻撃

  • DDoS攻撃とは 大量のアクセスにより                  Webサイトが閲覧不可になります。
  • Webサイトへ不正アクセスし                       プログラムの脆弱性を原因として機密情報が抜き出されます。

ハッキングとは

 

  • ハッキングの本当の意味は、                       コンピュータの隅々までを熟知した者が行う                ハードウェア・ソフトウェアのエンジニリングのことです。
  • 他人のコンピューターに不正にアクセスするなどの行為が          ハッキングと呼ばれる場合もあるが、これは正式にはと呼ぶ。

 

大部分の方は、他人のコンピューターに

不正にアクセスするなどの行為を

ハッキングと考えていると思います。

 

管理人もさっきまで、そう考えていました。

しかし、クラッキングという表現より

ハッキングの方がピッタリきますね。

 

<他人の脳のハッキングはスピリチュアルは次のページへどうぞ>