日本三大霊場のひとつ恐山には、

「口寄せ」という方法で、

霊や亡くなった友人、知人、肉親などが

いい残したことを伝える「イタコ」がいます。

今回は、8年前に死去された大原麗子口寄せをレポ―トとします。

 

 

テレビ番組「世界の怖い夜!女優大原麗子

孤独死の真実をイタコが告げる」という内容で放送されます。

 

大原麗子さんといえば、愛くるしい容姿と笑顔で

日本中の男性を虜にした大女優でした。

大原さんを有名にしたCMです。

 

 

しかし、私生活では男性運には恵まれず2度の結婚と離婚で

晩年は1人暮らしとなり、病気のせいもあり

親しい人との関係が少なくなっていました。

 

そして8年前、脳出血により亡くなったのですが、

遺体が発見されたのは、死後3日も経過していました。

当時は、「有名女優の孤独死」と

マスコミを賑わしたものでした。

 

大原麗子さんの孤独死に関する                        詳しい内容はこちらの記事からどうぞ!!

大原麗子は孤独死?渡瀬恒彦や親友鹿沼絵里へ伝えたかったこと

スポンサードリンク

 

目次~タップすると読みたいところにジャンプします~

★大原麗子の口寄せの言葉とは?

孤独死した有名女優:大原麗子さんが、

最期に伝えたかった心の叫びとは、

  • 誰か私を助けて!
  • 早く私を見つけて!
  • 苦しい!

というような悲痛な叫びばかりなのでしょうか?

天国でも、女優の時の愛くるしい笑顔のままでいてほしいのが、ファンの願いです。

 

★最後のイタコ松田広子

そして今回、大原麗子さんの口寄せをするイタコは、

「最後のイタコ」と呼ばれている松田広子さんです。

青森県の北部の村では、昔は30人くらいの集落があれば、

1人のイタコさんがいたそうです。

 

しかし、現代ではイタコさんも絶滅危惧種になってしまいました。

残っているイタコさんは、数名らしくその中で最も若い方が

42歳の松田広子さんです。

 

「最後のイタコ松田広子」さんの詳しい内容は

こちらからどうぞ!!

▶最後のイタコ松田広子が呼ぶ人は急死した山本文郎!妻へ愛の遺言

 

★イタコとは?

 

イタコとは、日本の北東北(東北地方の北部:主に青森県、秋田県)で

口寄せという「(依頼者からの死者の)霊」を招き寄せて

その言葉を依頼者にに伝えることを行っている

巫女さんのことをイタコと呼びます。

 

秋田県 イタコ
青森県
岩手県 津軽地方
 〃  旧仙台藩領域 オガミサマ
宮城県 旧仙台藩領域
福島県 ミコサマ
山形県 村山地方 オナカマ

 

イタコと同じ口寄せをしていても、

東北地方の地域によって、いろいろな呼び名があるようです。

管理人は、イタコが一番ピンとくる呼び名だと思います。

<イタコの特異性・厳しい就業・気になる寄せ料金は次のページへどうぞ!!>