2016y10m15d_141429717リオオリンピックで卓球女子銅メダルを獲得したのは、「福原愛・石川佳純・伊藤美誠」の3選手です。

3人とも小さい頃からお母さんの影響で卓球を始め、今や世界を代表する選手に成長しました。

 

2016y10m15d_141937479

 

そんな3人の共通点は、母親が全て元卓球選手であるということです。

まず最初に石川佳純選手のお母さん から紹介します。

 

 

★石川佳純・梨良卓球美人姉妹の母親:久美さん

2016y10m15d_141210217佳純さんが卓球を始めたのは小学校1年(6歳)の頃で特別早い方ではありません。愛さんは3歳、美誠さんは2歳からすでに卓球を始めていました。

その頃、現役の卓球選手だった久美さんは、ご主人と相談して自宅の一階を卓球場に改築して佳純さんへの英才教育がはじまりました。

佳純さんが小学校5年の時、山口大会で母と娘の対決が実現しました。

娘に敗れた久美さんは現役を引退し、以後佳純さんのサポートに回るのでした。

2016y10m15d_141739454自宅一階に完成した卓球場には、2台の卓球台があり、午後7時半~午後9時迄毎日休まずに練習したそうです。当然久美さんと一緒に練習してきたわけですから、まさに二人三脚です。

佳純さんは中学校からは地元の山口県から   大阪に引越して寮生活を始めます。

中学校は四天王寺羽曳丘中学校です。

全国中学校卓球大会で11連覇するなど、圧倒的な実力を持つ中学校です。しかし、自宅に卓球場までつくって練習環境を整えたのに、よく中学校から大阪の寮生活を許可したものです。

2016y10m15d_141711816佳純さんの希望だったのか、両親の希望だったのかはよくわかりませんが、ここでも活躍して全国中学校卓球大会(全中)では2年生と3年生の時にシングルスで2連覇しました。

ここが、佳純さんの人生のターニーグポイントだったように思います。慣れない土地や言葉で、つぶれていくケースもあると思うのですが、ご両親も佳純さんもおおらかな性格のようです。

※石川久美さん現在53歳です。

★福原愛:ご存じ国民的なアイドルでした

2016y10m15d_142530750我らが国民的アイドルの福原愛ちゃん。

リオオリンピックでは個人4位、団体銅メダルと、大活躍の愛ちゃんでしたが、そんな愛ちゃん、こどもの頃から「泣き虫愛ちゃん」で有名でした。その笑顔と泣き顔が可愛いこと可愛いこと。

 

3歳から卓球経験者のお母さんに英才教育を受け、5歳のときに全国優勝したのは、有名な話です。今では結婚もされてりっぱなレデイですね。

★伊藤美誠:スパルタ教育のお母さん

2016y10m15d_143350659お母さんの美乃りさんは、現在40歳。静岡県磐田市の出身で、中学1年から卓球を始め、高校ではインターハイに出場。10年の競技歴です。

日本体育協会認定の上級指導員、公認コーチ、整体師の資格を持ち、現在卓球女子日本代表のコーチを務めています。

美誠さんの活躍は『母子鷹』ともいえる一日7時間以上とも言われるスパルタ教育のたまものです。

石川選手と同じように卓球台を置くスペースをつくるために、美乃りさんの実家に自宅を新築し練習環境を整備

   お母さんにそっくりです。

勝負師のお母さんです。卓球は始めた娘にオリンピックで活躍姿が見えたそうです。

2016y10m15d_172527674

3選手3人の母親、それぞれの想いが詰まった銅メダルです。