2016y10m09d_202911865

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広末涼子さんと言えば高知出身の女優さんです。

もちろん高知の夏といえば「よさこい祭りの本場」ですから

今までに広末さんも踊っています。

また、土佐弁で高知家のCMにも登場しているのです。

 

広末涼子さんが土佐弁を話して、ちゃぶ台をひっくり返すという

面白いCMですので、ぜひご覧下さい。

 

今回は、関西テレビが製作した

「かもしれない女優たち2016」で

 

広末涼子、井川遥、斉藤由貴の3人の美女が

「ターニングポイントで、彼女たちが、

違う道を選んでいたらどんな人生を送っていたか?」

という設定のもと、そうだったかもしれない世界で

生きる本人を本人が演じる内容です。

 

もし広末涼子が高知に生まれてなかったらと想定してみました。

スポンサードリンク

 

♥広末涼子の高知WIKI

高知県出身の広末涼子は、

『ビーチボーイズ』に出演してなかったら?

という設定で、女優への道を諦めきれず、

ハウスキーピングなどのバイトをして

食いつなぐ三十代半ばの売れない女優

イケメンとの新婚生活を妄想したり、

同い年の売れてる女優・竹内結子に嫉妬したりと

ひとり苦労しながらも、ハウスキーピングの仕事に

精を出す日々を送っている役です。

 

広末涼子 1980年7月18日生まれの現在36歳 2児の母。

高知県高知市で育った広末涼子は、

高知市立城北中学校に入学しています。

 

中学校では陸上部に所属して、

走り高跳びの選手として

県大会で2位入賞を果たしたそうです。

ちなみに阪神タイガースの

藤川球児投手は中学時代の同級生だそうです。

 

♥広末涼子が踊るよさこい踊り

 

周囲から、「涼子ちゃ~ん」の歓声が聞こえてきます。

本場よさこい踊りを広末涼子が踊ります。

2017のよさこい祭りで登場したら、モニタリングでしょうか(笑)

 

広末さんが、高知に生まれていなかったら

当然この可愛い踊る姿も見ることはできません。

 

♥広末涼子がかわいい土佐弁で高知家のCMに登場?

 

あの広末涼子が、高知弁で人生初のちゃぶ台返しをする

奇想天外で楽しい高知家(高知県作成)の楽しいCMです。

 

やはり、出身地だけあって高知弁に違和感はありません。

 

 

広末涼子が高知で生まれていなかったとしたら、

残念ながら代わりのタレント候補は見つかりません。

この楽しく、面白いCMはないものと考えるしかありません。

 

♥広末涼子が使っている土佐弁

 

高知家CMの中で広末涼子が使っている高知弁(土佐弁)を紹介します。

土佐弁 標準語 使用例
~ぜよ、~やき ~だよ、~です すきやき、そりゃーいかんぜよ
~ちゅう ~ている 知っちゅう、行っちゅう、来ちゅう
~やか ~じゃないか あそこにあるやか
~が ~のか 行くが、やってみるが
こじゃんと すごくたくさん こじゃんと飲んだぜよ
いごっそう 頑固もの あの人は、いごっそうじゃねえ
げに まことに、実に げにまっこと、ほんまかえ

坂本竜馬が使っていた言葉ですね。

 

★番外編 高知ビール戦争は次のページへどうぞ