あさチャンで乳酸キャベツを見てから、

発酵作用について興味がでてきたので調べてみました。

 

2016y11m28d_203310385

 

私たち日本人の食事は、たくさんの発酵食品で支えられています。

日本の伝統食品には調味料を含めて発酵作用を利用した食材

漬物、梅干し、納豆、塩辛、かつお節、日本酒、焼酎、味噌、醤油

などが日常使われてきました。

 

この発酵とはどういったメカニズムなのでしょうか?

 

目次~タップすると読みたいところにジャンプします~

  発酵とは?そのメカニズム 

 

発酵とは、何らかの食品に発生した微生物が繁殖を繰り返し、

もともとの食材の成分を変化させることを言います。

この発酵のメカニズム、食材が腐ること「発酵」と「腐敗」は全く同じです。

dsc02545

都合のいい話ですが、

人間に有益と見なされる場合に限って「発酵」と呼ばれています。

 

食品を発酵または腐敗させる微生物は、

善玉菌と悪玉菌に区別することができます。

スポンサードリンク

 

♣ 善玉菌とは 

代表例が、有名なビフィズス菌です。

整腸作用や腸内環境を整える働きをしてくれます。

その他、納豆を作る納豆菌、味噌やパンを作る酵母菌などです。

f7527e2dbc6a9bf0429baee4b60cd7b5_m

 

 悪玉菌とは
大腸菌やブドウ球菌のような人間の体に害になる菌のことです。

下痢や食中毒を引き起こします。

 

まとめると

発酵とは善玉菌の繁殖によって、食品の成分が変化して

人間に有益なものに変化することだと言えます。

 

では、発酵するとどのような有益状態に変化するのでしょうか。

 

発酵のいろいろな効果は次のページです