本日放送の「火曜サプライズ」で

元祖大食いタレントのギャル曽根さんが、

マジで「離婚危機?」の悩みをスピリチュアルの元祖

「江原啓之」さんに衝撃告白しました。

 

ギャル曽根さんと言えば、大食いタレントとして

10年以上のキャリアがありますが、

いつも大食い競争の番組で見ることが多いので

旦那さんや子どもが何人いるかなどの生活などに

あまり興味がありませんでした。

今回は、ギャル曽根さんの私生活もあわせて紹介します。

まずは、ギャル曽根の大食いwikiプロフから始めましょう。

スポンサードリンク

ギャル曽根の大食いwikiプロフ

  • 名前  :ギャル曽根
  • 本名  :名城菜津子(旧姓曽根)
  • 生年月日:1985年 32歳
  • 出身地 :京都府舞鶴市出身
  • 出身校 :京都府立西舞鶴高等学校、日本調理製菓専門学校卒
  • 職業  :大食いママタレント
  • 家族は父母と姉・弟。
  • 大食いは家族や母親から受け継がれる
  • 母親の料理は量が多く、家族も全員たくさん食べて、幼い頃から大食いの素養に恵まれていた。
  • 父は地元企業で社長を務めて家族は裕福に生活していた。
  • 小学校3年時に父が事業に失敗して借財を負う。
  • 調理製菓専門学校後卒業後、兵庫県姫路市でホステスとして勤める
  • 2005年:大食いのテレビ番組に出演
  • 2006年:「元祖!大食い王決定戦 新爆食女王誕生戦」で優勝
  • 2007年:「元祖!大食い王決定戦 新爆食女王限界死闘編」でも優勝
  • 2011年:9歳年上のディレクターであるイケメンハーフ名城ラリータと結婚。
  • 2012年:第1子男子を出産。
  • 2016年:に第2子女子を出産。

 

<ギャル曽根さんの大食い動画です。志村バカ殿>

 

▶近頃の大食い女子は、かわいい!!

 

ギャル曽根の結婚後の食生活(子どもは2人)

結婚後のギャル曽根は、子供もいるため3食手作りで、

仕事以外では基本的に自宅で料理しています。

子供の好きなメニューは茶碗蒸しであり、もちろん手作りです。

いいお母さんのようですね。

またギャル曽根は、マヨネーズを3日で1本消費する

「マヨラー」でもあることからギャルマヨとも呼ばれています。

マヨネーズを常に携帯しているそうです。

 

意外ですが、食べ物の好き嫌いが多いそうです。

大食いなので、好き嫌いはあまりないと思っていなした。

  • 好物は、大トロ・特上カルビ・ウニ・卵料理・爽健美茶・アクエリアスなど。
  • 嫌いな物は、蕎麦・数の子・レバー ・豆腐・こんにゃく・メロン・ココナッツ・ポップコーン・辛口料理など。
  • エビフライのように大食い競技を経て好物になった食材もあるらしい。
  • 夫のためにダイエット料理を作り、ダイエットに成功させた。

 

イケメンハーフの旦那と「離婚危機」江原啓之のアドバイスとは?

2人のお子さんにも恵まれ、ママタレントとして人気のギャル曽根。

現在では、大食い企画だけではないバラエテイ番組にも出演しています。

さて、旦那さんはどんな感じなのでしょうか?

 

ギャル曽根の旦那さんは、沖縄出身のイケメンハーフ

お互いに初対面は、好みのタイプではなかったようですが、

ギャル曽根さんが、気持ちよく食べる姿を見て

旦那さんの方からプロポーズしたようです。

ラブラブの写真があるので、

果たして本当に離婚危機なのでしょうか?

江原啓之のアドバイスとは?

最初は、江原啓之に仕事に関する悩みを相談するが、

江原はその奥にある夫婦関係の問題点を見抜いてしまうのです。

 

<ギャル曽根さんとご主人の動画です>

 

果たして、江原啓之のアドバイスとは?

ギャル曽根が江原啓之にガチ悩み相談で衝撃告白

実は夫との離婚をずっと考えていた!?その真相は?

子育てと仕事を両立しているギャル曽根が

旦那さんの態度に、不満を感じているとのこと。

<江原啓之のアドバイス>

夫婦は、思っているだけではお互いの気持ちはわからない。

いつのまにか背を向けた状態になる前に、自分の気持ちを話してみること。

それも、甘えながら話すのが効果的!!

ギャル曽根さんどうでしょうか?

旦那さんとゆっくり話合って見てください。




江原啓之の悩み相談に関する他の記事を紹介します。

優香が青木崇高との新婚の悩みを江原啓之に相談

優香

▶江原啓之 小倉優子の再婚-相手を予言!

芦田愛菜が中学生活の悩み告白!江原啓之の回答と違いは?

 

まとめ

以上が、「ギャル曽根[離婚危機?]をマジで江原啓之に衝撃告白?

旦那や子どもとの食生活」の内容です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

関連記事も読んで頂けると嬉しいです。