前回、「言霊の力」と人気占い師のゲッターズ飯田さんが、

「言霊の力」を知り尽くしている理由を紹介しました。

詳しい記事の内容は、こちらからどうぞ

☟ ☟ ☟

 

本ブログでは、ゲッターズ飯田さんの著書「運命を変える言葉」から

テーマを絞って、飯田さんの言葉に対する管理人の考えを紹介していきます。

 

皆さんも「運命を変える言葉」を

自分だったらどう解釈するか一緒に考えてみて下さい。

 

最初のテーマは、

「占い」に関する運命を変える言葉を紹介していきます。

 

占い師の飯田さんは「占い」をどのように考えているのでしょうか?

とても興味があるテーマです。

 

そして、占いをどのように考えれば、

いい運命に変わっていくのでしょうか。

スポンサードリンク

 

目次~タップすると読みたいところにジャンプします~

占いは、結局最後は自分次第、逆らえる

占いは後押しもするけど、

ブレーキもかけてしまうことがある。

最後は、自分次第。占いは、逆らえる。

占いという情報を自分でどう使うか知恵を絞ってみる。

 

確かに占いで悪いことを言われたら誰でも

後ろ向きになってしまいます。

 

でも、その占いは「今のままの状態なら失敗する」

というだけなのかもしれません。

 

今、あなたは後ろ向きな言葉ばかりを言っていませんか。

少し、自分の言葉を振り返ってみましょう。

案外ネガティブな言葉が習慣的になっていることが多いのです。

 

もしそうなら、占いに逆らっても「いや、大丈夫。」

と言って前に進んでいきましょう。

 

占いは外れたけどよかった

占いは、当たる当たらないは問題じゃない。

「病気しますよ」と言われて気をつけたら、

結果的に病気をしなかった。

占いは外れたけど、

それはそれでよかったこと。

悪い占いは結果的に外すことに意味がある。

 

占い師が「当たる当たらないは問題じゃない。」

言い切れるところが、ゲッターズ飯田さんは、

並みの占い師ではないですね。

管理人は、そんなところにも魅力を感じています。

 

占いで「病気しますよ」なんて

言われたらぞっとしますね。

この場合は「病気を早くみつけて治療しなさい」

というアドバイスをもらったと

前向きに捉えましょう。

 

占いをしてもらったということは

あなたはまだ、寝たきりであるとか

重症な状態ではないはずです。

 

これから人間ドックに行ったり、食生活を改善してみたり。

できることはいろいろあるはずです。

 

大切なのは占いではなく、占いの後

占いでいいことを言われて、

安心して終わる人。

占いでいいことを言われて、行動する人。

この2つによって、

当たるか当たらないか、

当たり方が大きいか、小さいかが変わる。

占いは答えではない

 

せっかくのいい占い結果なら

ぜひ大きく発展させたいものです。

 

例えば「あなたは今年出世しますよ。」と占われたら。

「私は今年出世する」と

毎日鏡の前で言ってみましょう。

 

もう一種の自己暗示になりそうですね。

毎日「私は今年出世する」と言っていたら

  • 上司との人間関係をよく保とう
  • 取引の準備をいつも以上に念入りにしよう

など思えてくるでしょう。

その結果、大出世するかもしれません。

占い「運命の変わる言葉」はまだまだ続きます!!