30歳を超えても色気と艶やかさが変わらない

深キョンこと深田恭子さん。

男性ばかりでなく女性にも人気があります。

そんな深田恭子さんが「世にも奇妙な物語」に

『捨て魔の女』として出演します。

 

✿ 深田恭子はいったい何を捨てるのでしょうか?

 

2016y10m07d_194455987※ノリピーに似ていませんか

物語は、女子アナウンサー役の「深田恭子」は

29歳になってもアナウンサーとして花開かず

妹からも心配されていました。

 

そんなある日、道ですれちがった僧侶に声をかけられ、

『何かを得たければ何かを捨てなければいけない』と教えられます。

まもなくして仕事中に、一番のお気にいりのシャツが破けてしまいます。

するとすぐに抽選会場で高級牛肉が当たってしまうのでした。

スポンサードリンク

実際に『何かかを捨てると何か良い事が舞い込んでくる』

という体験をした「深田恭子」は、すっかり僧侶の言葉を信用して、

大切な身の回りのものを次々に捨て始めます。

 

ついに「深田恭子」が行き着いたところとは?・・・・・・・

2016y10m07d_194342492

このあたりからが「世にも奇妙な物語」ですね。

正解は、番組を見なければわかりませんが、

管理人は、深田恭子が捨てたものは

「今まで生きてきた思い出」

ではないかと思うのです。

 

今までの上手くいかない人生をリセットして新しい人生を生きるために。

そして捨てたものの大きさに気付くそんな結末ではないかと思います。

みなさんも一緒に考えてみて下さい。

 

<次のページは「断・捨・離」について考えてみました>