パワースポットの記事一覧

 

何も説明する必要のない誰もが知っている

日本を代表する世界遺産といえば富士山です。

 

そして、富士山は他の場所とは桁外れの

「なんでもござれの完璧パワースポットなのです。

それでは、富士山さんは

なぜ完璧パワースポットなのでしょうか?

「富士山は世界遺産からの気を受けとれる完璧パワースポット」の続きを読む »

パワースポット

12月25日クリスマスの日に、ETV特集

「空にいるあなたへ~岩手・陸前高田“漂流ポスト”3.11~」

が放送されます。

 

東北大震災で行方不明になった多くの人々の中には、

やりばのない喪失感からなかなか立ち直れない

遺族の方も多いと思います。

 

そんな遺族の方のこころを受け止めようと「漂流ポスト」

陸前高田市に設置されていることが紹介されます。

 

神戸大震災では、行方不明者は少なかったのですが

東北大震災では多くの行方不明者が発生しています。

 

「漂流ポスト 3.11 返事はなくても暖かい気持ちが湧いてくる」の続きを読む »

ページ: 1 2

スピリチュアル, パワースポット, 時空を超えて

 

富士山の北西に位置する

山梨県富士河口湖町・鳴沢村にまたがって広がる

『青木ヶ原(あおきがはら)』は、

【富士の樹海】と呼ばれています。

2016y10m21d_234325368

 

2016y10m21d_224400113

 

 

 

 

 

青木ヶ原樹海は西暦864年に

噴火口群から噴出した

溶岩流上に茂った原始林地帯であり、

約三千ヘクタールの広大なエリアの溶岩流の上に

樹木が茂るまで七百年以上の時間が必要とされました。

樹海そばにある三湖台から眺めると

木々が風になびく様子が

海のうねる波のように見えることから

「樹海」と呼ばれるようになったそうです。

「樹海は生と死の狭間『あの世とこの世を結ぶ出入口』なのでは」の続きを読む »

ページ: 1 2

スピリチュアル, パワースポット

2016y10m04d_233044684楽しく過ごした高知に別れをつげての家路ですが、紅葉高知一泊2日の旅はまだ終わっていません。 一旦大豊ICで降り、高知自動車が整備されてなかった頃主要道路であった国道32号線をJR土讃線と並行して走り大歩危・小歩危渓谷紅葉を散策することにします。

高知にも他にも紅葉スポットがあるのですが、高知市内から2時間以上かかるので、一泊2日の旅ではとてもコースに入れることはできませんでした。

今回の旅は、帰り道で立ち寄ることのできる   大歩危・小歩危を選びました。

 

高知竹林寺以外の紅葉スポット

 一の谷渓谷 寒風山 ☞ べふ狭温泉ホームページ

 

大歩危・小歩危周辺にも『祖谷のかずら橋』などの観光名所もたくさんあり残念ですが、  帰り道を利用した立ち寄りですので、国道32号線沿いの渓谷紅葉に限定します。

☞ 祖谷のかずら橋公式ホームページ

🌲大歩危・小歩危の意味

とても珍しい名称だと思うのですが、どんな意味があるのでしょうか。          まさか大阪漫才の「アホ・ボケ」の意味ではないでしょうから。

「ボケ」とは山間の断崖地を呼ぶときに使う言葉だそうです。              歩危という字があらわすように「歩くにも危険なところ」=断崖地ということでしょうか

JR土讃線の大歩危駅周辺、小歩危駅周辺が渓谷紅葉スポットです。

  • 怪石が多く,深い淵があって男性的なので    :大歩危 
  • 岩石の露出が少なく,奇岩も小さく女性的なので :小歩危  が答えのようです。

🌲大歩危のカメラスポット

どうやら、大歩危駅周辺にカメラスポットが多いようです。

2016y10m04d_232729597 2016y10m04d_232506336

 

🌲道の駅 大歩危

2016y10m04d_232617398

国道32号線沿いには、「道の駅 大歩危」があります。

妖怪屋敷
山城に伝わる妖怪伝説を後世に遺すため地元の方達が   作った妖怪屋敷は素朴で懐かしい雰囲気。
*石の博物館とセットになっています

2016y10m04d_232947396

 

名物祖谷そば

祖谷地方は昼と夜の温度差が激しく、土地がやせているため、寒冷地を好み、やせ地でも成育するそばの良質な産地となりました。

祖谷そばは、秘境祖谷の代表的な家庭料理です。 つなぎをほとんど使用しない太めの麺は、一般的なそばよりも切れやすく舌触りはざらついています。薄味のだし汁とともにかき込むと、そば本来の味と香りが楽しめます。

そばに目のない私には、何よりのごちそうです。

いただきます。2016y10m04d_235803049

🌲 霧の森 四国中央市 新宮町馬立

 

大歩危・小歩危の所要時間は、現地で1時間、自動車が一般道に変わったことで1時間と最低でも2時間は必要です。高知でゆっくりされて、時間に余裕にない方には四国中央市の新宮町に立ち寄ることをお薦めします。

高知自動車の新宮ICを降りるとすぐに、霧の森カフェが見えます。南を高知県、東を徳島県の1000m級の山に挟まれている新宮町。おそらく朝は、霧につつまれてしまうのでしょう。

 

2016y10m05d_002747904

まわりは急傾斜の山林ばかりで、耕作地は少ないのですが、新宮茶ブランドの『霧の森大福』が 大ヒット。松山市にある村のアンテナショップでは、常に予約で売れ切れ状態だそうです。

ネットでの取り寄せはなんと抽選倍率100倍。

 

街道茶店「聴水庵」で霧の森大福と抹茶のセットで、旅の疲れをいやしましょう。

 霧の森ホームページ

大歩危・小歩危か霧の森新宮町に立ち寄り、『紅葉高知一泊二日の旅』は完結しました。  次回は、もう一度旅のコースを振りかえり、所要時間や使用金額を調べて、あなたにベストな旅を選んでいただきたいと思っていますので、ご期待ください。

スピリチュアル, パワースポット

【芳根京子さん】がヒロインを演じるNHKの朝ドラ

『べっぴんさん』が10月3日月曜日から始まります。

ベビー服メーカー『ファミリア』の創業者・坂野惇子さんが

モデルになっているこのドラマは、戦後の【港街神戸】を舞台にしたドラマです。

神戸といえば皆さんどんな風景が思い浮かばれますでしょうか。

私が神戸と聞いてすぐに思い浮かべるのは、

やはり1000万ドルの夜景といわれた六甲山から見る夜景です。

 

★神戸1000万ドルの夜景は、日本三大夜景の一つです

神戸の夜景は、日本三大夜景の一つとして有名でした。あと2箇所はどこなのかご存じですか函館と長崎そして神戸の三都市の夜景が日本三大夜景でした。

「芳根京子主演『べっぴんさん』の舞台:港街神戸は1000万ドルの夜景」の続きを読む »

ページ: 1 2

スピリチュアル, パワースポット

2016y09m29d_235342972 2016y09m29d_235342972 2016y09m29d_235342972

竹林寺の紅葉から坂本龍馬の愛した桂浜・太平洋の荒波を体験して高知市内の宿泊場所に向かいます。移動には路面電車が利用できるので、高知駅からはりまや橋近辺が便利です。

さっそく【ひろめ市場】にご案内します。

宿泊場所から路面電車を利用すれば、運転を気にしないで食事とお酒が楽しめます。

♦高知の食とお酒どころ【ひろめ市場】

休日は観光客の方も多いのですが、平日でもけっこう多くの方がいらっしゃいます。

ひろめ市場】は、一言でいえば大きな屋台村なのですが、市場の中は一歩入っただけで高知の熱気があふれかえっているのです。

お酒の好きな土地柄なのもありますが、お客さんを見ても観光客なのか地元の人なのかよくわからないのです。みんな旧知の仲であるかのように楽しく飲んでいます。

初めて行ったときには、熱気に圧倒されてしまいました。

dsc04626 dsc04641

🍀「ひろめ」市場の由来

dsc04624土佐藩主と言えば山内家ですが、その土佐藩で幕末の時代、4代の藩主に仕え人間的にも優れ名家老と伝えられた深尾弘人蕃顕(ひろめしげあき)の屋敷がちょうどこの場所だったらしいのです。

名家老の屋敷がなくなった明治に入ってからも、この一帯は市民から親しみを込めて「弘人(ひろめ)屋敷」と呼ばれてきたそうです。
平成10年「この土地を商店街活性化の核にいたい」と地元からプランが提案され、所有者が賛同し現在の【ひろめ市場】が建設されました。
土佐の風土によって育まれた食文化・地酒・商売の文化を受け継ぎ、ひろめる商店街として【ひろめ市場】は地元の人からも愛される高知の観光名所に発展しました。

🍀 ひろめ市場一押しの食べ物

高知の代名詞:カツオのタタキ

2016y09m30d_005142699

高知といえば何と言ってもカツオ、カツオといえばタタキ、タタキといえば藁焼き。

私が高知に来てはじめて食べたカツオのタタキはスーパーで買ったタタキでしたが、出身地の料理屋で食べるカツオのタタキより旨かったと記憶しています。

「今まで食べてきたカツオのタタキはなんだったのか」

最近は、醤油で食べるより塩で食べる「塩タタキ」が人気のようです。

個人的に好きなお店は、やいろ亭の塩タタキです。

 

2016y09m30d_013201358さらに、高知でしか食べれないカツオに    『はらんぼ』があります。

「はらんぼ」はカツオのかつおの腹の部分。いわゆる「トロ」部分のことで、1匹の鰹から1枚しかとれない貴重なものだそうですが、特別に高いわけではないし高知でしか食べれないと思うので、ぜひ一度ご賞味ください。

人生初体験は:ウツボのタタキ

2016y09m30d_005216108ウツボといえば海のギャングといわれる獰猛な魚です。

食べれるんかな?というのが正直な気持ちでした。

ところが食べてみると魚というよりは鶏肉に近いあっさりした味でした。皮との間にコラーゲンがたくさん含まれています。

珍しいのでぜひご賞味ください。

他にもウツボの煮凝りも美味しいのですが、まれにウツボの刺身を出していることがあります。

タタキは美味しいのですが、刺身は遠慮した方が無難です。

鯨料理も高知名物

2016y09m30d_015103810

鯨料理なら何でもそろっています。欲しいもの・珍しいものをイロイロ、移動しなくても食べることができるのもひろめ市場の魅力です。

 

高知名物:屋台餃子

2016y09m30d_004931274TVでも何回か放映されています。

小さめのパリパリ餃子とラーメンが締めの一品です。

安兵衛さんの餃子は高知では超有名です。

 

ひろめ市場は、平日、土日、祝日も23時まで営業していますので、高知の旨いものを全て味わうことができます。

スピリチュアル, パワースポット