八百万の神の記事一覧

「神ってる」と言われた広島東洋カープは、

昨年25年ぶりにセ・リーグ優勝を果たしました。

 

ちょうど25年前に広島カープが

セ・リーグ優勝したときに

脳腫瘍が死因で32歳の若さで逝去した

「炎のストッパー」

呼ばれていた投手がいたのです。

「津田恒美長男大毅記念館設立?なぜ自転車日本一周へ旅立つのか?仕事は?」の続きを読む »

津田恒美, 達人(スポーツ)

 

何も説明する必要のない誰もが知っている

日本を代表する世界遺産といえば富士山です。

 

そして、富士山は他の場所とは桁外れの

「なんでもござれの完璧パワースポットなのです。

それでは、富士山さんは

なぜ完璧パワースポットなのでしょうか?

「富士山は世界遺産からの気を受けとれる完璧パワースポット」の続きを読む »

パワースポット

 

芳根京子さんと言えば、

現在放送中のNHKの朝ドラ「べっぴんさん」のヒロインです。

管理人はこの朝ドラが大好きで、毎日欠かさず見ています。

 

昨年9月から「トトねえちゃん」の高畑充希さんから

バトンを受け取って番組がスタートしました。

 

その時は、まだ娘役で初々し感じで正直ドラマ初主演だったこともあり

正直「大丈夫かな」という印象もありましたが、

 

半年が経過した今は、会社では専務、

家庭では25歳の娘を嫁がせる役を堂々とこなしいます。

 

洋服やメイクの効果もあると思うのですが、

とても実年齢が二十歳だとは思えない堂々とした演技です。

「芳根京子[べっぴんさん]のポストカード配布ぶっつけ本番旅鶴瓶の家族に乾杯」の続きを読む »

ページ: 1 2

達人(女神)

 

本日放送の「火曜サプライズ」で

昨年6月にワイルドな俳優「青木崇高」さんと結婚した女優の優香さん(36歳)が

新婚生活の悩みをスピリチュアルの元祖「江原啓之」さんに相談しました。

 

優香さんは、元々グラビアアイドルとして活躍していましたが、

とても可愛い顔立ちが男女を問わず人気となり、

しだいに活動範囲を広げてバラエティ番組からドラマまで

幅広く活躍するようになったマルチタレントです。

 

最近では、ユースケ・サンタマリア主演の「火の粉」

子供を持つ母親役として出演していたのが印象に残っています。

年齢的にも母親役を自然に演じていました。

優香

「火曜サプライズ」では、【隠れ家で待つ怪しい女】として

恵比寿の隠れ家で、江原啓之、オリエンタルラジオと美味しい料理を堪能しながら

新婚の優香さんは、江原にどんな相談をするのでしょうか?

「優香が青木崇高との新婚生活で江原啓之に相談した悩みとは?[火曜サプライズ]」の続きを読む »

ページ: 1 2

八百万の神, 達人(女神)

 

山女・スー女・歴女など、今や元気な女性が

日本のブームをけん引していると言われています。

 

その中で、2015年から人気急上昇しているのが御朱印です。

本来御朱印は、神社や寺院に参拝したときに頂くものです。

それが、最近の御朱印ブームにあやかろうと

来城記念として御朱印を記帳するお城

増えて現在人気となっていることが、

NHK朝の人気番組あさイチで紹介されていました。

 

御朱印と言う言葉は聞いたことがあっても

「御朱印とは」「御朱印の由来・作法」などをはっきりと

知らない方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、御朱印の意味や由来、作法と

日本で四城といわれている御朱印を記帳するお城を紹介します。

「御朱印人気急上昇中!歴女が欲しがる全国で四城のレアな御朱印とは?」の続きを読む »

ページ: 1 2

八百万の神, 開運グッズ

 

本日の「水トク:世界の怖い夜…最後のイタコ&本当にあった呪いの物語」で

急死した人気司会者の妻や子どもに対する愛の遺言が放送されます。

急死した人気司会者とはいったい誰なのでしょうか?

 

2014年になくなったブンさんの愛称で親しまれた

『山本文郎』アナでした。

 

ブンサンとのやりとりは最後に紹介しますが、

管理人は、「最後のイタコ」というタイトルが気になりました。

イタコといえば、日本三大霊場の一つ青森県「恐山」

亡き人のメッセージを伝える「口寄せ」をしている姿の女性が思い浮かびます。

最後のイタコとは?

 

なぜ「最後のイタコ」と呼ばれているのでしょうか?

  • 明治初期には300人前後のイタコが青森県内にいたそうです。
  • 昭和40年代までには各町内に一人はイタコがいたほど、身近な存在だったそうです。
  • しかし、今では絶滅危惧種と呼ばれるほどイタコの人数は減っています。
  • 現状では恐山のイタコは3人と言われています。
  • 現役イタコの中で最年少41歳の「松田広子さん」が最後のイタコと呼ばれています。

「最後のイタコが呼ぶ急死した人気司会者は誰?家族へ愛の遺言【水トク】」の続きを読む »

ページ: 1 2

スピリチュアル, パワースポット

 

トランプ氏が正式にアメリカ大統領に就任し

ビジネス方式の政治で世界が混乱している時に

 

奇しくも日本では、幕末の志士「坂本龍馬」

暗殺5日前に「松平春嶽公」にあてた直筆の手紙が発見されました。

 

わずか33年の生涯でしたが、

近代日本の幕開けに大きな功績を残し、

いまなお人の心を惹きつけてやまない英雄「坂本龍馬」

 

地元高知新聞の記事見出しは

🐎 龍馬「新国家」樹立へ信念 🐎

 

 

まず、幕末維新からすでに150年以上経過した

今、なぜ直筆の手紙が新発見されたのでしょうか?

逆になぜ今まで、世にでなかったのでしょうか。

 

高知新聞の記事から

  • 所有者によると手紙がなぜ所有者の元に届いたのかは不明
  • 封筒に別人の朱筆で
  • 「坂本先生遭難直前の書状」「他見ヲ憚ルモノ」
  • と注意書きがあったため、所有者は開封しなかったようです。
  • 手紙は、開封されていないので非常にきれいな状態だそうです。

では、なぜこのような注意書きが記されてあったのでしょうか。

福井市立郷土歴史博物館長は、手紙の内容の

「幕臣と福井藩そして龍馬の三者が一一同に会して

天下の議を語ろう」としている箇所に注目しました。

 

 

「大政奉還後の政治混乱期に福井藩の動きが知られ

龍馬暗殺のあらぬうわさを懸念した」

福井藩の重職にあるだれかが、朱書きの注意書きを

書いたのではないか?と推測されています。

 

「坂本龍馬暗殺5日前の「直筆手紙を新発見」トランプ氏へ届け和の心」の続きを読む »

ページ: 1 2

八百万の神, 達人⁽勇者)

 

現在放送中の朝ドラ「べっぴんさん」

ヒロイン「すみれ」芳根京子の姉役を演じているのが蓮佛美佐子さんです。

今回の朝ドラでは、菅野美穂さん、芳根京子さんが注目されており、

芳根さんは新人にもかかわらず演技力が好評です。

放送当初は、菅野美穂さんの関西弁に少し違和感がありましたが、

不思議なもので違和感は全くなくなり、逆にうまい語りだと感じています。

菅野さん、違和感などとすいませんでした。

 菅野美穂出演「べっぴんさん」の語り

2016y10m02d_202511404

 正しい関西弁の使い方

 美人女優の関西弁

あの美人女優が関西弁を使うと魅力倍増です。

ご参考までに 「蓮佛美佐子「べっぴんさん」では芳根京子の姉役「男前・姉さん」新垣結衣と大親友」の続きを読む »

ページ: 1 2

八百万の神, 達人(女神)

 

昨日、NNNドキュメントで

「空飛ぶ車いす みたことありますか」という番組が放送されました。

 

深夜の放送だったのですが、

管理人は事前に番組表を見ていたわではなく

 

もう、TVも終わりかなと思っていたところに

偶然目にしたものでした。

 

このドキュメントは、山形県南陽市にお住まいの加藤健一さんが、

車いすでパラグライダーで空を飛ぶことに挑戦する

ドキュメント番組です。

 

 

皆さんは「車いす生活」の原因ってなんだと思われますか?

いろいろな原因があると思うのですが、

  1. 交通事故・転落事故などによるもの
  2. 頸椎・脊髄損傷によるもの(1と重複するかもしれません)
  3. 脳疾患によるもの(脳梗塞、脳出血など)
  4. 先天性の病気(小児麻痺など)
  5. 後天性の筋力低下疾患(難病)によるもの
  6. 老化による足腰の衰え

まだまだあるかもしれませんが、

管理人が思いついたところです。

 

今回の番組は、⑤筋ジストロフィーという難病のため

車いす生活を余儀なくされた「加藤健一」さんの挑戦ドラマです。

 

「空飛ぶ車いす をあなたはみたことがありますか?筋ジストロフィーからの挑戦」の続きを読む »

ページ: 1 2 3

八百万の神, 達人⁽勇者)

 

1月3日に放送される桜井翔・長澤まさみ主演の

新春ドラマ『君に捧げるエンブレム』は、

突然の交通事故により車イス生活となり

未来を絶たれた元Jリーガーが「車いすバスケで再び夢に挑む物語」です。

 

 

妻の想い、妻への想い、友との絆、

車イスバスケットの迫力あるプレーシーンが見どころの

新年にふさわしい爽やかな感動の物語を

「桜井翔&長澤まさみ」が主演します。

 

そして、この物語には実在のモデルがいました。

その人の名前は『京谷和幸(きょうやかずゆき)』

  • 1971年生まれ(現在45歳)北海道室蘭市生まれ
  • 小学校2年からサッカーを始める
  • 高校は北海道のサッカー名門校の室蘭大谷に進学。
  • 室蘭大谷でバルセロナ五輪候補となる。
  • 高校卒業後、名門古河電工に入社
  • 1991年ジェフ市原とプロ契約Jリーガーとなる。
  • 1993年Jリーグが発足して開幕半年後に、交通事故により脊髄を損傷
  • 車椅子生活が始まる
  • リハビリとして始めた「車椅子バスケットボール」
  • その迫力・躍動感・充実感に魅せられる。
  • 1994年に車椅子バスケットボール選手としてスタート
  • シドニー・アテネ・北京のパラリンピック日本代表選手となる。

京谷和幸 オフィシャルサイト ⇒ http://www.kyoyastyle.com/

「長澤まさみ 桜井翔 元Jリーガー京谷和幸がモデルのドラマ「君に捧げるエンブレム」熱演」の続きを読む »

ページ: 1 2

達人(スポーツ), 達人(女神), 達人⁽勇者)