高知一泊二日の旅の記事一覧

 

トランプ氏が正式にアメリカ大統領に就任し

ビジネス方式の政治で世界が混乱している時に

 

奇しくも日本では、幕末の志士「坂本龍馬」

暗殺5日前に「松平春嶽公」にあてた直筆の手紙が発見されました。

 

わずか33年の生涯でしたが、

近代日本の幕開けに大きな功績を残し、

いまなお人の心を惹きつけてやまない英雄「坂本龍馬」

 

地元高知新聞の記事見出しは

🐎 龍馬「新国家」樹立へ信念 🐎

 

 

まず、幕末維新からすでに150年以上経過した

今、なぜ直筆の手紙が新発見されたのでしょうか?

逆になぜ今まで、世にでなかったのでしょうか。

 

高知新聞の記事から

  • 所有者によると手紙がなぜ所有者の元に届いたのかは不明
  • 封筒に別人の朱筆で
  • 「坂本先生遭難直前の書状」「他見ヲ憚ルモノ」
  • と注意書きがあったため、所有者は開封しなかったようです。
  • 手紙は、開封されていないので非常にきれいな状態だそうです。

では、なぜこのような注意書きが記されてあったのでしょうか。

福井市立郷土歴史博物館長は、手紙の内容の

「幕臣と福井藩そして龍馬の三者が一一同に会して

天下の議を語ろう」としている箇所に注目しました。

 

 

「大政奉還後の政治混乱期に福井藩の動きが知られ

龍馬暗殺のあらぬうわさを懸念した」

福井藩の重職にあるだれかが、朱書きの注意書きを

書いたのではないか?と推測されています。

 

「坂本龍馬暗殺5日前の「直筆手紙を新発見」トランプ氏へ届け和の心」の続きを読む »

ページ: 1 2

達人たちの世界, 高知一泊二日の旅

高知紅葉一泊二日の旅は、五台山、牧野植物園、高知竹林寺、桂浜、黒潮ライン、ひろめ市場、日曜市、龍馬が生まれたまち記念館、山内神社、大歩危・小歩危、新宮などを盛りこんだ見どころ満載スポットを回るコースです。

所要時間と概算の費用をまとめてみます。出発地を岡山市としますので他の地域の方は、  岡山市(早島IC)までの所要時間と費用を加えて下さい。

🌳高知紅葉一泊二日の旅(1日目)

2016y09m24d_151938049

 

『わざわざ行こう。志国高知へ』

竹林寺紅葉の見頃時期 11月中旬から12月初旬

 

岡山市内 ⇒ 早島IC ⇒ 瀬戸自動車道 ⇒ 松山道(休憩豊浜SA)⇒ 高知道 ⇒

20分          1H₍20分休憩)   1H₍Σ2時間40分)≒140K

高知IC  ⇒ 牧野植物園『レストラン アルブル』 ⇒ 『眺めのいいカフェパノラマ』

 30分      ₍昼食1H)      5分   (カフェタイム30分)

⇒  五台山『竹林寺』四国霊場三十一番札所

5分      (散策1.5H)            今までの所要時間≒Σ6時間

9時に出発したとして現在15時

👀 見どころ・食べ処

  • 紅葉の「竹林寺」参拝
  • 牧野植物園『レストラン アルブル』
  • 『眺めのいいカフェパノラマ』
  •  ☞ 詳しい内容は

🌳高知紅葉一泊二日の旅(1日目夜)

dsc03281

『龍馬大接近』11月は桂浜で龍馬生誕を記念したイベントが開かれます。           黒潮ラインで夕陽が見えるといいですね。

はりまや橋は「日本一がっかりする観光名所」だそうですから省略してもいいかなと思います。

ひろめ市場へは、徒歩かトサデン(路面電車)を利用します。

『竹林寺』 ⇒  『桂浜 』  ⇒  『黒潮ライン 』 ⇒  高知市内  ⇒ ホテル

10分  散策1H  10分   夕陽1H   30分    30分(用意)

Σ3H20分 ホテル着6時半ごろ

トサデン ⇒ はりまや橋? ⇒ 『ひろめ市場』

 省略可  20分

食事7時頃~22時

👀 見どころ・食べ処

  • 高知に来たらはずせんぜよ『桂浜』
  • 太平洋の荒波『黒潮ライン』
  •    詳しい内容は
  • 高知の食べ処『ひろめ市場』
  •   詳しい内容は

🌳高知紅葉一泊二日の旅(2日目AM)

dsc02125高知の歴史を知る

今日は、車の方が便利です。土佐300年の歴史がある日曜市は、午前5:30から開催されていますので、できるだけ早起きしていきましょう。朝食はひろめ市場が7:00から開いていますので、お好みで。

昼食は、カフェかひろめ市場で。

ホテル  ⇒  日曜市 ⇒ ひろめ市場 ⇒ カフェ ⇒ 龍馬が生まれたまち記念館

10分  1H     40分    1H  10分   1H

⇒ 山内神社  ⇒  エースワン駅前店  ⇒  高知IC高知自動車道

10分  30分  10分   30分      20分        ≒Σ5H7時出発で12時

👀 見どころ・食べ処

  • 300年の歴史『土佐日曜市』
  • カフェ『光の種』『土佐茶カフェ』
  • エースワン駅前店
  •   詳しい内容は
  • 『龍馬が生まれたまち記念館』
  • 土佐藩主山内家が祀られている『山内神社』
  •   詳しい内容は

🌳高知紅葉一泊二日の旅(2日目PM)

2016y10m04d_232617398(A)四国の紅葉スポット『大歩危・小歩危』

四国の秘境『大歩危・小歩危』で紅葉散策、名物祖谷蕎麦に舌つづみ遅くなってもいい方は、祖谷かずら橋まで足を延ばしても。

帰路は与島PAで休憩し、日が暮れた瀬戸内海を眺めながら旅の思い出を語ります。

紅葉の見ごろ時期:11月中旬から下旬

 高知IC ⇒ 大豊IC ⇒ 大歩危・小歩危  ⇒ 井川池田IC ⇒ 川之江IC

30分    50分    1H    40分      40分  

⇒  与島PA   ⇒  早島IC  ⇒  岡山

50分  20分休憩  30分       20分     ≒Σ6H 高知IC12時出発で6時

👀 見どころ・食べ処

(B)高知で時間を使って、霧の森『新宮』高知でゆっくりしたい方のコースです。

新宮には、日帰り入浴施設もあるので旅の疲れを癒すこともできます。

 高知IC  ⇒  新宮    ⇒   与島   ⇒  早島IC ⇒ 岡山

40分   1時間半  40分  20分休憩 30分     20分  

≒Σ5H 高知IC12時出発で5時

👀 見どころ・食べ処

🌳高知紅葉一泊二日の旅費用のまとめ

二人分の費用(概算)として計算します。

交通費

高速料金

ガソリン代

普通車

4000円×2=8,000円(休日割引)

350キロ÷13キロ×120円≒4,000円

宿泊費  一泊素泊まり 5,000円
飲食費 1日目昼食2000円×2=4,000円

1日目夕食5000円×2=10,000円

2日目朝食1000円×2=2,000円

2日目昼食1000円×2=2,000円

2日目夕食1000円×2=2,000円

お土産代 5,000円
入場料等雑費 2,000円
合計 45,000円

高知一泊二日の旅

2016y10m04d_233044684楽しく過ごした高知に別れをつげての家路ですが、紅葉高知一泊2日の旅はまだ終わっていません。 一旦大豊ICで降り、高知自動車が整備されてなかった頃主要道路であった国道32号線をJR土讃線と並行して走り大歩危・小歩危渓谷紅葉を散策することにします。

高知にも他にも紅葉スポットがあるのですが、高知市内から2時間以上かかるので、一泊2日の旅ではとてもコースに入れることはできませんでした。

今回の旅は、帰り道で立ち寄ることのできる   大歩危・小歩危を選びました。

 

高知竹林寺以外の紅葉スポット

 一の谷渓谷 寒風山 ☞ べふ狭温泉ホームページ

 

大歩危・小歩危周辺にも『祖谷のかずら橋』などの観光名所もたくさんあり残念ですが、  帰り道を利用した立ち寄りですので、国道32号線沿いの渓谷紅葉に限定します。

☞ 祖谷のかずら橋公式ホームページ

🌲大歩危・小歩危の意味

とても珍しい名称だと思うのですが、どんな意味があるのでしょうか。          まさか大阪漫才の「アホ・ボケ」の意味ではないでしょうから。

「ボケ」とは山間の断崖地を呼ぶときに使う言葉だそうです。              歩危という字があらわすように「歩くにも危険なところ」=断崖地ということでしょうか

JR土讃線の大歩危駅周辺、小歩危駅周辺が渓谷紅葉スポットです。

  • 怪石が多く,深い淵があって男性的なので    :大歩危 
  • 岩石の露出が少なく,奇岩も小さく女性的なので :小歩危  が答えのようです。

🌲大歩危のカメラスポット

どうやら、大歩危駅周辺にカメラスポットが多いようです。

2016y10m04d_232729597 2016y10m04d_232506336

 

🌲道の駅 大歩危

2016y10m04d_232617398

国道32号線沿いには、「道の駅 大歩危」があります。

妖怪屋敷
山城に伝わる妖怪伝説を後世に遺すため地元の方達が   作った妖怪屋敷は素朴で懐かしい雰囲気。
*石の博物館とセットになっています

2016y10m04d_232947396

 

名物祖谷そば

祖谷地方は昼と夜の温度差が激しく、土地がやせているため、寒冷地を好み、やせ地でも成育するそばの良質な産地となりました。

祖谷そばは、秘境祖谷の代表的な家庭料理です。 つなぎをほとんど使用しない太めの麺は、一般的なそばよりも切れやすく舌触りはざらついています。薄味のだし汁とともにかき込むと、そば本来の味と香りが楽しめます。

そばに目のない私には、何よりのごちそうです。

いただきます。2016y10m04d_235803049

🌲 霧の森 四国中央市 新宮町馬立

 

大歩危・小歩危の所要時間は、現地で1時間、自動車が一般道に変わったことで1時間と最低でも2時間は必要です。高知でゆっくりされて、時間に余裕にない方には四国中央市の新宮町に立ち寄ることをお薦めします。

高知自動車の新宮ICを降りるとすぐに、霧の森カフェが見えます。南を高知県、東を徳島県の1000m級の山に挟まれている新宮町。おそらく朝は、霧につつまれてしまうのでしょう。

 

2016y10m05d_002747904

まわりは急傾斜の山林ばかりで、耕作地は少ないのですが、新宮茶ブランドの『霧の森大福』が 大ヒット。松山市にある村のアンテナショップでは、常に予約で売れ切れ状態だそうです。

ネットでの取り寄せはなんと抽選倍率100倍。

 

街道茶店「聴水庵」で霧の森大福と抹茶のセットで、旅の疲れをいやしましょう。

 霧の森ホームページ

大歩危・小歩危か霧の森新宮町に立ち寄り、『紅葉高知一泊二日の旅』は完結しました。  次回は、もう一度旅のコースを振りかえり、所要時間や使用金額を調べて、あなたにベストな旅を選んでいただきたいと思っていますので、ご期待ください。

高知一泊二日の旅

土佐300年の歴史『日曜市』の散策を楽しんだあとは、土佐の歴史にも触れてみましょう。

高知の歴史といえばやはりこの人 『坂本龍馬』 を語らないわけにはいきません。

日曜市から路面電車で2駅ほど西の上町2丁目で下車すれば、高知市が運営する      【龍馬が生まれたまち記念館】を訪れることができます。

 【龍馬が生まれたまち記念館】公式サイト

2016y10m03d_221831932

★龍馬がうまれたまち記念館

メイン道路に面した一角に龍馬の実家跡の記念碑が設けられています。史実にもある通り龍馬の実家は質屋を手広く営んでいたそうですから、実家の立地も高知城に近いいい場所です。

私が高知に赴任したのが11月で、ちょうど龍馬が生まれた月で             (同時に亡くなった月でもあります)【龍馬誕生祭】が開かれていました。

 

ボランテイアとして小学校低学年の子供たちが、お茶の接待をしてくれており、      小さい頃から郷土の歴史に触れる機会が設けられているんだ。と感心したものです。

dsc02125 dsc02126

また、2階で地元の龍馬研究家の方による発表もおこなわれ、龍馬がいつまでも高知の人に愛されていることを肌で感じることができました。

龍馬が大好きだった桂浜では、巨大な龍馬像の隣に足場が組み立てられ龍馬と同じ目線で太平洋を望むことができるイベントが開催されます。

☞ イベント:龍馬に大接近

2016y10m03d_222753875

 

ボランテイア観光ガイドによるコースが700円と格安なので、歴史に興味がある方は申し込んでみられても面白いのではないでしょうか。    ※事前に予約が必要です。

 

 

 

 

 

 

【龍馬が生まれた町記念館】はいかがでしたか?

★土佐藩主山内家ゆかりの山内神社

幕末にかけ活躍し、現代日本の礎を築いた偉人を数多く輩出した南国情緒あふれる高知県。
次に、明治維新まで土佐藩主を務めた山之内が祀られている山内神社に行ってみましょう。

【龍馬が生まれた町記念館】から車で5分くらいで行ける距離にあります。

明治維新の当時の藩主山内容堂は、名君と言われたり武市半平太の処刑、龍馬をはじめとする郷士に対しての迫害から暴君とも呼ばれています。

藩士と郷士について

土佐は、武士の身分制度が特に厳しかった土地柄です。                 郷士は「武士にあって武士にあらず」とまで呼ばれていたそうです。

簡単に藩士と郷士について説明します。

dsc03613 関ケ原の対いで徳川側について勝利して土佐藩を任されるようになったのが、山内家でその家臣と末裔が「藩士」です。

一方関ケ原の戦いまで、土佐を治めていた   長曾我部家は、豊臣側について領地を没収されてしまいました。その長曾我部家に仕えていた家臣と末裔が郷士なのです。

 

明治維新は、この郷士たちによって成し遂げられたわけですが、厳しい身分制度を何とか無くしたいという郷士たちの切羽詰まった想いが日本を動かしたのでした。

dsc03615私も龍馬伝などをTVで見て山内容堂に対してあまりよい印象はもっていませんでした。

高知に赴任してから、山内容堂はあの名君として知られている山之内一豊の子孫であることを知り、少し見る目がかわってきました。

山之内一豊の妻と言えば、一豊を内助の功で支えその内助の功によって、一豊は出世できたと言われている 賢妻として有名です。

☞ 山内神社ホームページ

 

山内神社は、鏡川川畔に祀られている緑豊かで厳かな神社です。             併設されていた土佐山内宝物記念館は閉館され、平成29年4月に高知城歴史博物館としてオープンします。

【龍馬が生まれた町記念館・山内神社】で少し土佐の歴史が理解できたかもしれません。

高知一泊二日の旅

2016y09m29d_235342972 2016y09m29d_235342972 2016y09m29d_235342972

竹林寺の紅葉から坂本龍馬の愛した桂浜・太平洋の荒波を体験して高知市内の宿泊場所に向かいます。移動には路面電車が利用できるので、高知駅からはりまや橋近辺が便利です。

さっそく【ひろめ市場】にご案内します。

宿泊場所から路面電車を利用すれば、運転を気にしないで食事とお酒が楽しめます。

♦高知の食とお酒どころ【ひろめ市場】

休日は観光客の方も多いのですが、平日でもけっこう多くの方がいらっしゃいます。

ひろめ市場】は、一言でいえば大きな屋台村なのですが、市場の中は一歩入っただけで高知の熱気があふれかえっているのです。

お酒の好きな土地柄なのもありますが、お客さんを見ても観光客なのか地元の人なのかよくわからないのです。みんな旧知の仲であるかのように楽しく飲んでいます。

初めて行ったときには、熱気に圧倒されてしまいました。

dsc04626 dsc04641

🍀「ひろめ」市場の由来

dsc04624土佐藩主と言えば山内家ですが、その土佐藩で幕末の時代、4代の藩主に仕え人間的にも優れ名家老と伝えられた深尾弘人蕃顕(ひろめしげあき)の屋敷がちょうどこの場所だったらしいのです。

名家老の屋敷がなくなった明治に入ってからも、この一帯は市民から親しみを込めて「弘人(ひろめ)屋敷」と呼ばれてきたそうです。
平成10年「この土地を商店街活性化の核にいたい」と地元からプランが提案され、所有者が賛同し現在の【ひろめ市場】が建設されました。
土佐の風土によって育まれた食文化・地酒・商売の文化を受け継ぎ、ひろめる商店街として【ひろめ市場】は地元の人からも愛される高知の観光名所に発展しました。

🍀 ひろめ市場一押しの食べ物

高知の代名詞:カツオのタタキ

2016y09m30d_005142699

高知といえば何と言ってもカツオ、カツオといえばタタキ、タタキといえば藁焼き。

私が高知に来てはじめて食べたカツオのタタキはスーパーで買ったタタキでしたが、出身地の料理屋で食べるカツオのタタキより旨かったと記憶しています。

「今まで食べてきたカツオのタタキはなんだったのか」

最近は、醤油で食べるより塩で食べる「塩タタキ」が人気のようです。

個人的に好きなお店は、やいろ亭の塩タタキです。

 

2016y09m30d_013201358さらに、高知でしか食べれないカツオに    『はらんぼ』があります。

「はらんぼ」はカツオのかつおの腹の部分。いわゆる「トロ」部分のことで、1匹の鰹から1枚しかとれない貴重なものだそうですが、特別に高いわけではないし高知でしか食べれないと思うので、ぜひ一度ご賞味ください。

人生初体験は:ウツボのタタキ

2016y09m30d_005216108ウツボといえば海のギャングといわれる獰猛な魚です。

食べれるんかな?というのが正直な気持ちでした。

ところが食べてみると魚というよりは鶏肉に近いあっさりした味でした。皮との間にコラーゲンがたくさん含まれています。

珍しいのでぜひご賞味ください。

他にもウツボの煮凝りも美味しいのですが、まれにウツボの刺身を出していることがあります。

タタキは美味しいのですが、刺身は遠慮した方が無難です。

鯨料理も高知名物

2016y09m30d_015103810

鯨料理なら何でもそろっています。欲しいもの・珍しいものをイロイロ、移動しなくても食べることができるのもひろめ市場の魅力です。

 

高知名物:屋台餃子

2016y09m30d_004931274TVでも何回か放映されています。

小さめのパリパリ餃子とラーメンが締めの一品です。

安兵衛さんの餃子は高知では超有名です。

 

ひろめ市場は、平日、土日、祝日も23時まで営業していますので、高知の旨いものを全て味わうことができます。

高知一泊二日の旅