本日の「朝チャン」で外来生物であるアライグマが繁殖して

各地で被害が多発していることが放送されていました。

 

目次~タップすると読みたいところにジャンプします~

★アライグマの被害とジビエ料理 

 

アライグマは、30年ぐらい前に

アニメ「アライグマのラスカル」として紹介され

大人気となった時に多数輸入されましたが、

見た目とは違って、小さい頃は可愛くても

獰猛な性格を持った動物で

飼うことができなくなり、

捨てられたことで大きく繁殖したそうです。

 

※現在では、法律で飼育することは禁止されています。

 

対策として、駆除したアライグマを

食べることのできる料理店が紹介されていました。

幻のジビエ肉「ムジナ(アナグマ)」のすき焼き専門店

「むじなや」さんです。

スポンサードリンク

 

★アライグマの肉は美味しい?

 

「イノシシやシカの10倍うまい肉」というアライグマの肉は、

1頭からとれる肉の量が少ないことから、

猟師が自分でとって食べる以外には流通していない

「幻のジビエ肉」と呼ばれていたそうです。

 

「これをすき焼きにして食べるのが、猟師たちにとって究極のご馳走」

という話から、2015年7月、東京渋谷に誕生したのが

会員制すき焼き店「むじなや」です。

 

2016y11m03d_1017289572016y11m03d_101758302

そんな「むじなや」さんが、

ありがたいことに2016年7月からは、

誰でも利用できるように一般開放されているそうです。

 

メニューは、

  • 前菜2品・ご飯・香の物・むじなのすき焼き                からすみ蕎麦または雑炊がついた                    「すき焼きコース」が5800円(税別)
  • すき焼き単品だと4500円(税別)で提供されます。
  • 「すき焼き+飲み放題付きコース」も                   7500円(税別)で提供され、すき焼きの肉は                 アライグマだけでなく                          イノシシ肉・鹿肉も選べるようになっています。

☞ 幻のジビエ肉「むじなや」

2016y11m03d_104231182

あのラスカルを食べるなんてとは考えずに、

害獣対策に貢献すると思って

美味しいすきやきを楽しみましょう。

 

<害獣食料理の魅力は次のページへどうぞ>